ヤマザクラ 山桜  2012年4月20日 トップページへ         
樹のファイル           ソメイヨシノ       カスミザクラ       シダレザクラ      エドヒガン      カワヅザクラ
2013年1月21日再編 オオヤマザクラ  オオシマザクラ  チョウジザクラ      タカネザクラ    イシヅチザクラ
春ごとに 花に心を なぐさめて 六十路あまりの 歳を経にける    西行
願わくは 桜の下にて 春死なむ その如月の 望月の頃      西行
散る桜 残る桜も 散る桜                       良寛
明日あると 思うこころの 仇ざくら 夜半の嵐の 吹かぬものかは     親鸞
世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし    在原業平
ヤマザクラ 山桜   Prunus jamasakura

バラ科サクラ属 落葉高木  巨木長寿

本州 四国 九州 の山に自生

葉芽の展開と同時に花が咲くのでソメイヨシノとは容易に見分けられる   

山桜の野生種自生種は100種を越える 風雅ある花は好む人が多い 

和歌に詠まれる桜はヤマザクラ 山に自生する桜の総称は山桜 

山桜を原種としての品種改良も多い  

人が作った園芸品種をサトザクラ・里桜 と呼ぶ

日本全国の80パーセントくらいは染井吉野だそうです けれど去年(2011年春)エンジンのついたパラグライダーで空から奈良県吉野山の眺望を写している映像を観てそれまでの桜観がまるで変わりました 吉野千本と讃えられるとおり山から山へと一面に桜が咲き 新緑とヤマザクラの赤い葉とピンクや白の桜の花の入り混じったコントラストの美しさに眼を見張りました山肌を舐めるような低空飛行の映像も桜のリアルな美しさを伝える絶好の手段が素晴らしい  家電製品の技術の発展で家庭のテレビでも鮮明な映像の大画面が観られるのでその雄大な臨場感の美しさを堪能できます

吉野山で思い出すのは 山口百恵さん主演の映画『絶唱』の挿入歌 「♪ああ〜ぁ 吉野 吉野と訪ねてみれば 吉野千本 花盛りよ〜」 という 百恵さんの叙情的な歌声と哀しい映像の感動的な場面が印象的で今も忘れられません  映画で日本の美しい風景と情感を一体で残せるというのも文化遺産かもしれませんね

奈良吉野山では桜といえばヤマザクラのこと ヤマザクラは花と赤茶色の葉が同時に展開する 現代の日本では桜といえば染井吉野と思われていますがそれは江戸時代に染井吉野が誕生してから後の近代のこと

西行さんも良寛さんも親鸞さんも業平さんも 春になり桜の開花の時期には日本人の心をわくわく魅了して多くの歌人に詠まれ親しまれた桜はヤマザクラなのです

ヤマザクラ は 赤茶色がかった葉と花が同時に展開する山桜を指す固有の名前                 山桜 は 山に自生する多くの種類の桜を指す時に使う 若葉は緑色も多い

赤茶色い葉とピンクの花が美しいヤマザクラ  奈良県吉野山の桜はほとんどこのような桜で この桜も吉野山のヤマザクラに限りなく近い品種だろうということです
葉が赤茶色で花は薄ピンク 限りなくヤマザクラに近いと想います いつも通る道沿いの大きな木です
 春 花を咲かせたときだけ 「ここに居るよ」 と 呼びかけているように 花のときだけ静かに存在を知らせるような山桜 この頃何だかとても惹かれます             「そこに咲いてること知っていますよ」
                                               JAFマイページ登録者限定ダウンロード画像  吉野山の桜の風景
 那須の里山花図鑑
京都駅俯瞰        京都残像風景1    京都残像風景2   東寺の桜を尋ねて