ヤマウルシ 山漆   2013年8月29日            トップページ              つれづれ花エントランス        旅のページ               山野草3月4月           木の花早春             木の実                   草の実
樹のファイル 
写真をクリックしますと大きな画像になります
ヤマウルシ 山漆  Rhus trichocarpa

ウルシ科 ウルシ属  雌雄異株 

樹高は3m〜8m 樹皮は灰白色 縞模様も見られる 葉は羽状複葉 葉柄や葉軸が赤く鮮やか 葉の裏表に毛が密集し 葉柄や葉軸にも毛がある  葉は輪生に付く  

ヤマウルシは日本全国に生育するが個体数は少ない

ウルシと思っていた木の多くはヤマウルシとわかりました

ウルシは漆器に塗る漆を採取するため古くから植えられて各地の山にも野生化して生えている

自然木と考えられるウルシも縄文時代の遺跡から発見されていることから もともと日本に自生のウルシもあると考えられている

ウルシ科(ハゼの木やツタウルシなど)はかぶれを起こす ウルシに直接触れなくてもかぶれる人もいる ウルシオールという成分によりアレルギー反応を起こすがウルシオール自体に毒性はない

かくいうあかね雲も触れなくてもかぶれる体質です

危うきには近寄らず・・・ですが写真は写したいのです♪

 『私の花図鑑』 「ヤマウルシ」のページ

6月初め 開花
果実
山の中に白い幹肌と朱い当年枝と葉柄が目を惹きます