ヤマナラシ 山鳴らし  2013年2月24日

2013年5月11日 6月1日 7月31日の写真追加

トップページ              つれづれ花エントランス        旅のページ               山野草3月4月           木の花早春             木の実                   草の実
2014年11月28日 冬芽 蜜腺ほか写真追加
2016年4月29日の芽吹き写真追加
樹のファイル 
ヤマナラシ 山鳴らし  Populus tremula

ヤナギ科 ヤマナラシ属  落葉高木

日本全国に自生 別名ハコヤナギ  日本のポプラのような木

猫柳のようなふわふわの綿のような花を付ける 花を見るとヤナギ科ということが納得できる 

葉柄が長く 葉柄は扁平 葉の基部に蜜腺がある            風が吹くと葉がなびいて音を立てるので山鳴らしという名

周りの木に比べて幹が白っぽくて目に付く 木姿は伸びやかで美しい 樹皮の模様が特徴

周りの木の芽吹きより芽吹きの時期は遅く 4月末にやっと葉の形が確認できる若葉です 

2014年3月28日 猫柳のような花を観られました

2016年4月29日 芽吹きの写真
2013年5月7日 若葉の写真
2013年6月1日の若葉
2013年7月31日の青葉
2014年11月28日 冬芽 黄葉 扁平な葉柄 蜜腺 幹肌 撮影
6月の青葉 新芽の芽吹き 落葉
樹皮の模様が特徴
根元に近い幹のひし形模様は荒く大きい 幹の下の方は白くない 幹の上の方になると肌の白さが目立ち 模様はまばら 枝は赤味がかる
背景にオノエヤナギの雄花が写ってる
  那須の里山花図鑑