ヤマハンノキ 山榛の木  
トップページ              つれづれ花エントランス        旅のページ               山野草3月4月           木の花早春             木の実                   草の実
2013年5月花と若葉写真追加 樹のファイル 
2014年2月24日 雄花雌花の写真追加 ハンノキ          ミヤマハンノキ     ヤシャブシ         カワラハンノキ      サクラバハンノキ  
2014年8月9日 果実写真追加
ヤマハンノキ 山榛の木  Alnus hirsuta

カバノキ科 ハンノキ属

沖縄以外の全国に分布

葉に毛の多いケヤマハンノキの変種とされる ヤマハンノキの葉には少し毛が見られるものもある                  葉の形は全体に丸く重鋸歯が目立つ

2〜3月の早春に紅褐色の紐状の雄花を垂らす 

雌花は紅色で雄花の先に小さい花を2〜3個咲かせ果実になり来年の春や夏まで付いている

山の川沿いに生えることが多いそうですがこの木は高地の湿地に群生しています         

雄花の写真は標高約1,000メートル
1か所目の群生地
2014年2月24日 伸び始めたばかりの雄花 2013年3月17日 伸び始めた花房
大きなヤマハンノキの夕景 2013年 幼木の冬芽
5月12日 若葉の芽吹き
奥の湿地には若木の群生林が出来ています
このページは同じ場所に生えているヤマハンノキです 大木が数本ありその奥の湿地に幼木が群生しています
パイオニア樹種の一つで 根に根粒菌を持ち葉に窒素分が多いため虫が好みます               そのためこのように葉に虫食いが多く見られることを教えていただきました
2か所目の林の縁に幼木が数本 標高約550メートル
2014年7月29日 3か所目に見つけた4メートルくらいの若い木  標高約550メートル
4か所目 2014年8月9日
 那須の里山花図鑑