うめ 梅  2013年12月31日 トップページ              つれづれ花エントランス        旅のページ               山野草3月4月           木の花早春             木の実                   草の実
樹のファイル 
写真をクリックしますと大きな画像になります
うめ 梅   Plum, Prunus mume

ばら科 さくら属  落葉低木  中国原産

果実を食用にする品種と花を観賞する品種がある

「梅はその日の難逃れ」ということわざもあり 塩漬けする梅干 焼酎に漬ける梅酒 梅ジャム 梅ジュース などに加工され 胸やけ・高血圧症・日射病・などに効果的とされます 

花は紅梅 白梅 一重咲き 八重咲き 枝垂れ など

梅の色を表現する言葉 本紅 移り紅 移り色 口紅 裏紅 底紅 移り白 など 日本人の細やかな感性を感じます

「左近の桜 右近の橘」元は梅だったそうです 村上天皇時代 御所東側に植栽の梅は火災の際倒れ 代わりに紀貫之の娘の屋敷の梅を植えました その梅の木に結びつけてある紙に書かれた『勅なれば いともかしこし 鶯の 宿はと問わば いかが答えん』(帝の仰せなれば是非もないことですが 春になると訪ねて来る鶯にいつもの宿はどこですか?と問われたらなんと答えればいいのでしょう) 梅の木への愛着と梅との別れを惜しむ歌に心を打たれた天皇は梅の木を娘の庭に返し 代わりに八重桜を植えました そして今に左近の桜が伝わります                                   桜は儚いものの象徴 橘は永遠の象徴だそうです

各地の神社仏閣や公園や庭園に梅の木を植えた観賞用梅園も多い 盆栽として身近に置いても 日本人に親しまれている花木です 

『私の花図鑑』    「うめ(梅)」のページ

紅梅 食用種
やばい 野梅
べにちどり 紅千鳥
南高梅系の小梅
種類不明の盆栽
ひばい  緋梅
12月28日に咲いていました
2014年2月1日 八重咲き白梅
2月初め
京都清涼寺の八重紅梅 3月2日
福岡県太宰府天満宮の梅園  本殿と飛び梅 (いただき写真です)
福岡県の梅園の開花    上・2012.1.15       下・2013.1.14
京都 北野天満宮の梅 いろいろ 3月初め
梅の実をたくさん収穫しますので自家製梅干しを漬けます  梅干は保存食 日射病の時 頭痛の時 胸焼けの時 食欲不振の時 白いごはんの朝も・・・ お茶漬けにも・・・ね