つれづれ花71 雪の里山歩き ポーチ作り 1月30日 トップページへ        山野草 早春へ      つれづれ花エントランス 
つれづれ花55 秋の夜長 ポーチ作り
今年の冬は暖かくて秋から春になったようで雪が降らなくて変だなぁ〜 と感じていましたら 18日と29日の2回続けて雪が積もりいつもの冬風景になりました

雪の風景は好きです 真っ白な眩しい世界 雪を載せた針葉樹 木々の小枝にも雪が載って 少し風が吹くと落ちてしまう儚いひと時だけ観られるモノクロームの幻想的な繊細さは心奪われます

   

雪国の大雪に見舞われた地域には日常生活に支障を来たす冬の厳しさは想像を超える大変さがあると想像するばかりです 

水分の多い重たい雪で中庭の南天も青木もこんな風 赤い実白い実をいつも食べに来ているツグミも雪の多さに南天を眺めています スズメもにぎやか

冬は雪が降っても降らなくても仕事が暇な時期なのでその時間を何に使うか・・・ 

今年の冬は京友禅の和布でポーチ作りをしています

ブログで紹介しました もし 時間がありましたら参考にして作ってくださいね

  1. ポーチ作り 始め

  2. ポーチ作り 途中経過

  3. ポーチ作り 出来上がり

京友禅の繊細な模様を一針一針縫い取りキルティングをするとき 何時間も黙々と集中して作業を続けます 黙々と・・・ そんな忍耐力と集中力もわたしにはあったんだな〜 なんて 改めて自分の一面を知ったり 

そうそう・・・ そういう集中力と熱中することはこのホームページを作ろうと目標を決めて立ち上げる時もそうだったかも・・・

その時は4月〜5月で農作業の始まりで大事な作業の続く時期 それでもホームページのアップに漕ぎ付けたくて 朝から夕方は自分のやらなければならない仕事をして 深夜に睡眠時間を削って自由になる時間を作り出しパソコンに向かったんだっけ・・・ その時もきっと傍目には一心にHP作りをするわたしは病的な熱中症にかかっているように見えていたのかもしれませんね(笑)

今はもう・・・ そんなに病的なほど熱中はしませんが・・・(笑) もう眼も疲れて 肩も凝り 気力も集中力も限界を自覚してしまいますからね

時々はストレッチをしたり 音楽を聴いて疲れた頭と筋肉をほぐします

そして冬の時期の運動不足解消は 里山歩きが一番です 敷地続きの山は高低差も少しあり面積も50aぐらい この山には樹木の種類も多く野草の種類も多く春から晩秋まで次々に咲く花を見つける楽しみがあります いつも歩いていても 季節が変わると新しい木や野草の花が咲いて 新しい種類の発見があるからいつも新鮮です

他に里山歩きの山が2か所あり 少し離れた場所なので春までは行けない 渓流があることなど少し条件が違うだけでそこにはそこなりの山野草が生えていて そこも行くたびにあたらしい発見があるから素晴らしい山です

いつかは3か所の山に生える木や野草の記録集を作りたいと思うのですがそれはいつのことやら出来上がることがあるのか・・・は・・・? 遠い約束 それは夢

今日の里山歩きは雪の中でした 

高低差10メートくくらい 篠笹が少し生えて 杉と雑木が混じりカエデなども樹種が多いです 上を見ると木々と雪の風景が綺麗 風もなくて雪の爆弾も落ちて来ないので安心 安心♪

雪をサクサクと踏んで歩きます 春に見つけたナガバコウヤボウキ と ツノハシバミ

  

春まで葉を付けているチドリノキと良く似ているサワシバが隣り合って生えている 

 

例年はこの時期咲いているのが珍しい藪椿 今年は12月から1月に入って綺麗な紅色に次々咲いていました 18日に雪が積もって寒波が来てからは紅色は黒ずんでうつむいたまま半分くらいの開花 蕾は固く茶色になってしまいました そしてまた29日から30日朝まで降った雪を載せて重たそうにうつむいています 

この冬のポーチ作りは一区切りつけて これから2月はいつもの避けて通れない確定申告の集計作業と消費税の申告を済ませることが続きます

それを終えると二月末には楽しいことが待っている 自分へのご褒美です また一年仕事をする心構えと元気を養わないとね〜♪

里山歩きは続けますよ 雪があっても 朝3周 夕方3周 楽しく歩きます・・・ね♪

   那須の里山花図鑑