つれづれ花76 夏野菜の菜園  2016年 7月12日
トップページへ
つれづれ花 エントランス
11日 しばらく行ってなかった那須連山の見える山の田んぼの方に行きました 

梅雨明けももうすぐのようなすっきりと晴れて風が心地よくてとても気持ちが良い 田んぼの稲ももう幼穂形成期に入り茎の中には1センチくらいの穂の形が出来つつあります

稲田にはトンボの深山アカネと夏アカネが多く飛び交い 陽に羽根がキラキラと輝いて綺麗 里山の自然が残り 畔の草を刈り整備された田んぼの風景は農業をする人の汗と労力が見えてうれしくなります

  

あかね雲の住む那須町北西部からは那須連山の山々は西側半分しか見えません 主峰の茶臼岳は見えないのです 那須連山は那須五峰と言われますが五峰以上の山があります 西南から 白笹山南月山黒尾谷山茶臼岳・剣ヶ峰・朝日岳鬼面山三本槍が主な山です このうち赤文字の五山を那須五峰とされるのが一般的ですが 福島県境にある三本槍を入れる数え方もあります 主峰の茶臼岳も地図上では那須岳と表記されたりしています これは那須町民も混乱するのですから地図を頼りの観光の方たちも混乱するでしょうね

と・・・ 何時もの脱線です(笑)

月日の経つのは早いもので その時間の経過は咲く花や野菜が育つ速さでも感じられます

6月半ばにはタチアオイの花が咲いて喜んでいたのに 今はもう上の方まで咲きすすんでしまいました 空き地の花も丘虎の尾は白い花を爽やかに咲かせていたのにもう終わり 早咲きの赤ピンクの花魁草が花盛りです この花魁草は植えたときは一色一種でしたが今は背の高い晩生の種類も二色三色となりました

年月が経つとこんな風に先祖返りというのか交配の親の系統が出てくるのでしょうね

人も・・・若い時は似てないと思っていた兄弟姉妹も歳を重ねて来ると段々と似てきて 肉付や目の大きさなどで違って見えた表情も骨格の形や表情筋のDNAは同じなのだと思わされます

あらら・・・ またまた 脱線! 花も人も生物であることは同じだから いいか〜♪

ずっと雨や曇りベースの日が続いて それは梅雨だから 雨の日は雨模様も楽しい

相変わらず宇都宮へ家事手伝いと孫の世話の緊急出動要請が続きます 二週続けて代わる代わるに夏風邪をひいてしまい孫の具合の悪いのは心配で気は揉めますが 孫と過ごせるのは嬉しい 片道1時間半は音楽を聴きながらの楽しいドライブです 時には娘の出勤前に到着するように早朝の高速道路を走ります

そうして行けるのは 健康で 運転ができて通う気力も体力もあるこの年代だからだとつくづく思います その道々の風景 急ぎの時には時々走る高速道路も見えるところ 雨の日にこんな幻想的な風景の中を走るのも好きです こんな楽しみをくれる孫に感謝です 

   

ご心配なくね 田舎道ですので後続車に気を付けて車を止めて写しています

小さな畑で 黙々と野菜の手入れをする時間 抜いても抜いても生えてくる強い草たちとの根競べの除草の時間 植えた野菜が順調に伸びて 花を咲かせ 実を生らせ 熟して 収穫

収穫した自分の手で育てた野菜を料理して味わう時 料理のレパートリーはいつもいつもの決まった味付けの決まった料理 けれどその満ち足りた時間がとてもうれしいと感じるのです 

きっとそれは 若い時の先を急ぐ時間との闘いのような年代では味わえないゆったりとした時間なのだろうと思う 若い時は別な仕事が目に見えて気持ちが急いてじっくり腰をかがめて草取りなどしていられなかった

今は草の名前を一つ一つ心で名を呼びながら引いている ごめんね なんて 声を掛けて・・・

野菜の手入れも支柱を立てたり 枝が折れないように紐で誘引したり 良い実が生るように脇芽を掻いたり毎日することがあります 消毒や除草剤などの薬剤散布はしないようにしています

畑の中の畝の間は数年前から防草シートを張っているので草が生えないのでベストです

こんな夏の日々はじっくりと野菜に向かい 自分にも向かう時間かも知れない いろいろなことを想いながら黙々と作業をして手入れをしている 何時間も黙々と飽きない作業です 

ここは農耕民族の原点に帰り 人に帰り 自分に返る そんな楽園なのかもしれない

そう言えば 2013年の7月も同じような家庭菜園の記事を書いていました その時と栽培する野菜もずいぶん変わりました よろしかったら覗いてみてください

かぼちゃの蔓は元気に伸びて一面を覆っています 植えたときは株間を遠く植えたつもりがパプリカもナスも飲み込んでしまいそう・・・ そろそろ食べごろ  種類は九重かぼちゃとロロン

胡瓜も一日5本ぐらいならいいのに今は最盛期で20本ぐらい収穫して持て余し気味 いんげん豆は蔓ありのモロッコ そして蔓なしいんげんも花盛り じゃがいもは茎もすっかり枯れて堀ごろ 種類はきたあかりという種類でほくほく美味しい けれど味噌汁やカレーには不向き 煮ていると溶けてしまいます フライドポテトやポテトサラダや蒸して塩バターなら最高に美味しい

 

今年は初めてさつまいもを植えてみました 苗を20本ぐらいいただいたので 育苗ハウスの間の隙間に植えました草と競うように順調に育っています 除草のビフォー・アフター(笑) この後は蔓が伸びてこの隙間を塞いで草も抑えてくれるように願っています

   

スイカの種も播きました 毎年作っているので今年は苗の売っている時期に買うのを忘れてしまい種を直に播きました 秋の涼しいころに熟すかな? ということはスイカを食べるころはもう秋半ば?♪

梅雨時期の日陰に生えているササグレヒトヨタケ 名前の通り 朝出ていて 次の朝には黒く溶けてしまう一夜だけの美しいきのこです

梅雨明けを待って二回目の牧草の収穫作業が始まります 暑い暑い作業ですが良質の牧草ロールを作るのには日照は大切

水分補給と休養を心掛けて 苦手な暑い夏の心構えをしているところです

皆さまもお身体を大切に 暑い夏をお過ごしくださいね

,

,