つれづれ花81 似顔絵ごっこ  2016年 9月30日
トップページへ
つれづれ花 エントランス
9月は孫3人が次々と風邪にかかり熱が出て 孫の世話に宇都宮に通う日々 遂に看病と家事手伝いに通ったおばあちゃんにも移ったようで 二週間ぐらい熱と腰痛とのどが痛く咳が続いて大変でした インフルエンザにもかからず風邪など何年も引かなかったのが自慢なのに・・・ 鬼の攪乱だね(笑)

地域主催の敬老会のお手伝いと余興をする予定が入っていて 9月初めは余興の練習日が何日も続いて風邪などと言ってられない(笑) 敬老会の前後は腰痛がひどくて 「どうしたの?」って言われるくらい真っ直ぐ立てなくて・・・ 敬老会に招待された高齢者のような中腰(笑)

何とか余興もクリア 久しぶりの舞台も初めは辞退しようとしたけれど楽しかった! 遣ってよかった 同じあほなら 踊らにゃ損々 かな? あらら 脱線

秋分の日の連休明けの病院診察では気管支炎だって! 咳が辛かったわけです♪

何とか回復したら今度はまた2年生孫の発熱 四日間も熱が続き体力も落ちて学校に行くのも心配なので休ませて付き添い 娘の仕事が忙しい時期と重なり とうとう6日間の娘宅滞在でした 

孫娘とお互いに似顔絵を描きあい 本を読み手紙を書いてくれたり ピアノを聴かせてくれたり 楽しいこと 家事をして動き回ることが多いので減量になります 家ではダイエットはなかなか効果がないのに 孫たちといると難なく減るのですから不思議不思議

似顔絵に花やリボンで飾り色を塗り 熱心に描いている様子がうれしい カッコいいばあちゃんだって!

でも そのあとは・・・?? 女の子とは思えない 「ババァ」 だって! わたしのことを「おばぁ〜」って呼ぶんです 娘やお父さんに注意されても効かない 「おばぁ〜」って抱き着いてくるんです それが可愛くてうれしい 父方のおばあちゃんのことはきちんと「○○おばあちゃん」と呼んでいるのに わたしのことは「おばぁ〜」ですって それが親しみを込めているようでうれしい♪

時々ながら世話に通い 生まれてからずっと成長を観て来られてうれしい 三歳のころから文字を覚え 本を読むこと 文字を書くことが大好きで一人でも黙々としている

一年生になって勉強もしっかりしてます 大好きなお兄ちゃんとは友達のよう 

そうそう こんな絵も描いてました 3人(わたしのフルネーム)ほんとうのなまえ ハデババァ

イケメンババァ めだしババァ かみの毛が月のかたち(跳ねている髪を月のようだと)

 

一生懸命に集中して感じるままおばあちゃんのイメージを書いている孫娘の集中力に感心しました

後ろ髪を引かれる想いで孫たちと別れて家に帰る日 30日は久しぶりの朝陽が観られて 懐かしい那須の山の稜線の辺りは秋色を感じるような風情になっていました

  

大好きないつものフィールドには秋の麒麟草が群生して黄色い色が一段と鮮やかに見えた カントウヨメナは何処にでも真っ白な花を咲かせて清楚な笑顔で愛嬌を振りまいている

ヤマボウシの葉もマルバアオダモの葉も黄葉を始め ガマズミの赤い実も熟してきた

家庭菜園の野菜も秋風景 白菜も葉を広げそろそろ結球の様子 早播きの大根も育ち 秋いんげん豆も蔓が茂っています 茄子は終わり木を抜いてかぼちゃの蔓も片付けて そのあとにコカブの種を播きました 畑も春野菜 夏野菜 秋野菜 冬野菜と季節ごとに変わっていきます 

 

柿の実も色づいてそろそろ味わえるかな・・・? 早生の甘柿だけど高冷地なので半分くらいしか甘くならない 天候が良いと甘い柿が多くなるので甘いといいな・・・ 柿の葉も紅く染まっている

 

白の秋明菊は花盛り 紅色の秋明菊は咲き始め 

 

雨で始まり 雨ばかりの9月 30日は太陽と青空に秋風が吹いてくれました

  那須の里山花図鑑