つれづれ花67  トップページへ        山野草 早春へ      つれづれ花エントランス 
   秋のスケッチ  高原の遊園地
10月という月は、月の初めはまだ夏の終わりの暑さのようで、木陰や夕方に吹く風は秋を感じる爽やかな涼風が吹き抜けてゆく 

秋が来ていることを五感で知る様な気がする すこしずつ静かに忍び寄る秋の気配に何となくもの寂しさを感じて空を見上げては雲の形をぼんやり見ている 夕暮れの空に惹かれ沈む夕陽を見送ってそれからしばらくの変わりゆく夕空の色を楽しんでいる

秋を感じられるようになった10月13日には日向に山茶花と柊の花が咲き始めたのには驚いた 初冬の花なのに・・・ 花は季節を敏感に先取りますね〜

 

この秋初めて見た野草はヒメミソハギ  えっ! と気付いて驚き いつも見ているところにも思い掛けなく初めての花が咲いているから 足元に気を付けて目を遣るとそこに何かがあるかもしれないと改めて想う 

そしてこちらは毎年の秋の野草オールスターズ  今年も会えました

のはらあざみ  みやまあきのきりんそう なぎなたこうじゅ ちょうじたで やくしそう

りんどう  せんぶり  おちば  げんのしょうこの実

そして 春に桜に胸の騒ぎを覚えるように、秋になるといつものように野菊が気になって落ち着かない  「世の中に 絶えて野菊のなかりせば 秋の心は のどけからまし」 というのが野に出て落ち着かないあかね雲の心情です

去年は西日本に咲くという野菊を観たくて四国に初めて行く夢が叶いました  植物園も京都府立植物園と名古屋の東山動植物園を訪ね多くの野菊を見ることができました 野菊いろいろページでご覧くださいね それでもリュウノウギクは開花が早いらしくもう花は終わっていました 植物園で観られた野菊もできれば自然の自生地に咲く姿を観たいと願い 今年こそは少し早い時期の11月末にはふたたびの四国へと計画中でした が・・・ 突然の優先の予定が入り断念を余儀なくされました 今年は泣く泣く諦めです 

この秋は毎日のようにあかね雲の住む北関東に普通に咲くカントウヨメナ・ユウガギク・ノコンギク・シロヨメナをたくさん写真に撮りました こちらの野菊は交雑が多く種類の特定も専門家でないと難しいことを知りました 植物一つの各部位の写真をいろいろな角度から写してサンプルを採ることが見分けのポイントと その自己満足の成果です。 

そして そして うれしい初めてのお客様

一度は観たい そう思っていたロマンあふれる蝶 アサギマダラが今年繁殖した朱い菊に来てくれたのです。 驚きとうれしさにカメラを構える手も震えました

遠い南の島から何千キロの旅をして日本列島も縦断して各地に姿を見せる そのロマンの謎の旅の調査も各地で行われ 捕獲して確認地と日付を羽根に記して再び空に放ちます 今回残念なことにすぐに飛んで行ってしまい姿を見失ってしまいました

無事に 元気に 南の島に飛んで帰って行けますように祈るばかりです。

木々や野草への関心も大きな楽しみと幸せですが また日常の別な楽しみと幸せ

それは孫たちとの時間

離れて生活している孫たちと会う時間は貴重 今しかない 今だから感じる喜び

10月14日は秋休みということで1年生の孫が2泊で一人でお泊りでした 三学期制が慣習だったあかね雲には二学期制がどうしてもなじめないのですが そのおかげでこの時期に楽しい時間が過ごせました

一人お泊りはもう何度もなので慣れています 牛さん大好き 昆虫大好き ドジョウトラップの仕掛けも大好き 野山大好きで何でも興味津々の元気な男の子です

それで 今回はあかね雲と二人で高原の遊園地那須ハイランドパークへ・・・

山の紅葉の違い  那須連山方向の眺め ジェットコースターと那須のすそ野方向 6階建て迷路メガモ  

関東平野遠望 ところどころに見える田んぼや牧草地や砂利採掘地 市街地など

いつも田んぼや牧草地から眺めている遊園地  今日は 遊園地のバルーンや観覧車から那須野が原を見渡す 田んぼや牧草地が良く見えます

園内のオブジェのツタの真っ赤な紅葉に目を惹かれました 11月1日には黒い実が

そしたら 孫娘が お兄ちゃんとおばあちゃんが行ったのだからわたしも行きたいと 10月末にやはり一人お泊りに来たのです 一泊の予定がまだ泊まりたいと月曜日の幼稚園を休んでの二泊となりました 11月1日 快晴の絶好のお天気に恵まれて孫娘と二人 あかね雲は連続で那須ハイランドパークへ・・・

男の子孫と来て半月経ってすっかり山の紅葉も進みすそ野も秋色に染まりました 

楽しそうなうれしそうな孫娘の姿です あかね雲の写真は孫娘が写してくれました

半月経ってすっかり山の紅葉も進みました 普段とは違う目線で自分が暮らしている地域を見てみるのも素晴らしいことです 10月にニ度 楽しく遊び遠い風景を眺める思い掛けない感慨をくれた孫二人に感謝 おばあちゃんは幸せです

・・・

前回はいつ来たかな・・・? と 振り返るともう三年も前でした こんな風に疲れて眠ってしまいました このころは抱っこもできましたが今はもう重くて・・・

子供は身も心も瞬く間に大きく成長しているですね

次の日月曜日は早朝から冷たい雨が降っていました 

一日違っていたらこの日の遊園地はなかったと思うと 孫娘と二人の楽しい貴重な時間をくれた神様に幸運を感謝いたします

雨の中孫娘を家に送る車の中で 「昨日はお天気もよくて楽しくてよかったね ありがとう」 と話しながらのドライブでした

10月の(11月1日 2日も込みの)あれこれ 備忘録です