つれづれ花34  街の夕暮れ  2011年12月18日
トップページへ          つれづれ花エントランスへ
この日目を奪われるような鮮やかな夕暮れが観られました
家を離れ

数日

街に居て過ごす

家事一般に

時間を費やし

保育園に向かう

路の途中の

坂道に

ご褒美のような

この

夕暮れのあかね色

暫し 車を止めて

写真に収めずには

いられない

心を奪われて

立ち尽くす

刻々と

空の色は移ろい

夕闇が迫る

頬を刺す風は

剣先のように痛いけれど

平気

通り行く車も

スピードを緩める

この色を見えない人は

いないでしょう

この夕暮れを

心に刻む

人それぞれに

心に刻む

いつもなら

いつもの山の

いつもの場所から

どのような想いで

この空の色を

見ているだろう

そう想うと

急に

山が恋しい・・・

山に帰りたい

山が恋しい・・・

15時53分
16時23分
16時24分
16時25分
16時27分
16時28分