つれづれ花82 夢の原点  2016年 10月4日
トップページへ
つれづれ花 エントランス
今を生きて いろいろな希望や夢がいっぱいあって 活力と充実で生きられるのには原点と言えるような何かきっかけがあると思う

その原点に向かうのには それまでの過程に幾つもの偶然があり 偶然はその後の一つの点に向かって繋がっていく 偶然は幸運の必然であると想う 

大好きな秋元順子さんの名曲に「愛のままで・・・」があり 愛唱歌にして歌わせていただいています キャンドルの火が 消える時まで 愛が愛のままで・・・終わるように・・・ という 愛する人といつまでも愛し合っていたいという理想の生き方があり 願いがあり 優しさを感じます

そして大好きなフレーズ ああ この世に生まれ 巡り会う奇跡 すべての偶然が あなたへと続く この名フレーズは人を想うとき 巡り会えた人との出会いの不思議な縁を想う名言だと思うのです

50歳を過ぎて不慮の出来事で膝を傷め 手術をし 自由に動けたときと違う身体になり それまでの考え方がまるで変り それまでの華やかな園芸の花が好きだったのに足元に咲く野の花に気付き デジカメで野草を写す転機となりました その時期娘たちからパソコン操作のサポートと助言を受け HPの制作のきっかけをもらいHPをアップ HPを始めたことでネットの世界を知り 無限の世界を知りました

50歳になるまでの夢中で過ぎた日々もそれは充実の日々 嫁 妻 母 仕事 子育て 家事 行事 地域のお付き合い 親戚や義兄弟とのお付き合い 思い出すだけで一人の人間の役割の多さ それを熟して生きることの充実感 生きる楽しみ 生きる苦しみ 生きる哀しみ みんな味わいました

50歳を人生の折り返しの一区切りと考えてからから 自分の生き方も自分のしたいと想うこともしてもいいんじゃない?と気付いてから気持ちがとても楽になりました

勿論これからも 家族優先 親戚優先 仕事優先 地域優先 は変えられませんが・・・

膝を傷めたことで これから先の人生を考えるようになったことも 一人旅を続ける勇気を持てたことも 野草の写真を写すことも HPを始めたことも 奇しくも同じ時期が重なり その幾つか重なった偶然がこれからを生きるための夢と希望の原点になったような気がします 

ある年の10月4日 そんな幾つもの偶然が重なり始まった夢の原点を諦めようとしたことがありました けれど失った後でこの夢を諦めたくない 手放したくないと思い諦めたことを強く後悔 その後幸運にも再び夢の続きに繋がることができて今に続いています

「ああ この世に生まれ 巡り会う奇跡 すべての偶然が あなたへと続く」                    「キャンドルの火が消える時まで 愛が愛のままで・・・終わるように・・・ 

2016年10月4日の夕景 そして細い月 うす雲のヴェールに包まれていました

 

このごろ 百舌が 夕方になるとこの木に留まってにぎやかに鳴いている 何故か百舌の鳴き声には惹かれる 哀しげなあの鳴き声が寂しい秋の使者のよう・・・

そして今日 奇跡のような真っ白な夜顔(Moon flower)との出会い なかなか出会わないミステリアスな花夜顔 ジンジャーとの出会いの時と同じようにこんな身近なところに咲いていたなんて 

夜顔の花言葉: 妖艶  夜  夜の想い出

出会いは奇跡と幸運な必然と偶然の賜物♪

  

10月6日追記 心配された大型台風18号は日本海側を移動し夜半には北陸で温帯低気圧になりました 台風一過の秋晴れを期待していましたが朝は時雨

朝の那須街道広谷地交差点付近から観る那須連山は時雨にかすみ またいつもとは違う装い 山頂付近は紅葉も始まっていることでしょう 

ほんの数分の朝の虹が山を染めている風景を観ることができました 素敵!

ほんとうに・・・ 出会いは 奇跡と幸運な必然と偶然の賜物と想うのです♪

  那須の里山花図鑑