つれづれ花69 元気に働ける幸せ 12月28日 トップページへ        山野草 早春へ      つれづれ花エントランス 
今年も一年が過ぎようとしています

特に大きなアクシデントもなく 家族が健康で平穏に過ごせたことに感謝 孫たちが無事に成長していることに感謝

自然に恵まれて 四季折々に咲く色とりどりの野の花を観て 樹の芽吹きから 若葉になり青葉になり花を咲かせて実を結ぶいろいろな木の実が今年は特に多くの実を付けたように感じる 鳥の声にも気づいて何という鳥か少しは鳥の名前も覚えたこともうれしい

そんな小さな日常が 一日一日続いて 日々を重ねて一年が過ぎる

立ち止まって ふっと思うと 還暦を迎えたと思ったらもう何年か過ぎてしまった 自分ではいつまでも40歳か50歳くらいの気持ちだけど・・・ 他の人から見たら・・・ やはり年相応の中高年なのは事実 鏡を見てつくづく自覚することも多くなりました(笑)

体力的にも無理はできない しないように自己ブレーキがかかります 以前は仕事も意欲的でもう少しできる 明日に備えてもう少しやろう そういう気力も体力もあったけれど 今はすぐ諦めてしまう 午前中2時間 午後3時間位 もうここまで 明日のことは明日やればいい と 変に言い訳を付けて終わりにしてしまう 

この頃わたしの口癖は 「まぁ いいか」 「そんなもんだよ」 

そのように考えられるようになったのは 由紀さおりさんとピンク・マルティーニのコラボ曲 「Is that all there is ? (そんなもんよ)」 を聴いて歌詞の意味深さを知ってから

物も 恋も 生き方も 考え方次第 人生最後に「そんなもんよ」って自分に言えたらそれでいいじゃないのって思えるようになりました 

良く言えば 何事も受け入れて 納得して 共感する 観方を変えたら自分のことも客観的に観ることができるようになったこと そうするとあまりこだわらず もめ事もなく 人と人ともうまくいく呪文のように思えるのです 特に夫とは・・・ね  だから 以前は良く喧嘩や口論をしたけれど 今は ほとんどもめない 少し冷静になれて 喧嘩するにも労力がいるものですから その労力もなくなったということでしょうか(笑)♪

その夫もこの頃の口癖は 「疲れた 気力がない」 でも「仕事はリハビリ 牛がいるから元気でいられる 牛のおかげで毎日体を動かして元気が維持できる」と言い自分に気合を入れてる

ほんとうにそうだと思う 遣ることがあるから 仕事があるから 気力が湧く 仕事があるから身体を動かす 身体を動かすから筋力も体力も維持できる 

「もう牛飼いという仕事を止めて悠々自適の生活をしたい」 と わたしが言うと 仕事をしているから遊ぶことの意義を知る 仕事があるから好きなことに打ち込める 行きたいところに旅をしたいという夢も叶う喜びを知る 仕事をしているから休養の喜びを知る と言われる 

二年半前 突然のアクシデントで身体の自由を奪われた 膝の痛みに襲われ 数か月後約二か月間の入院手術 退院後の自粛期間 その時の辛さ 仕事をしたくてもできない 思い切り歩けない 自由に動けない 不自由ということはこんなに辛いものかとしみじみと感じた

五体健康で過ごせるのは幸せ 忙しくても 疲れても それは幸せ 働いてお腹が空いて食事が美味しいのは幸せ 青い空が青く感じて空気が美味しいのは幸せ

今回 二年前の手術の術後メンテナンスのため16日間入院しました その時同じ病棟の手術を受けられた方々と接し 40代から80代の方々の様々な生き方を知り 人を知り 想いを知り 人それぞれ考え方があり 生きてきた人生があるものだと感激するばかり 人への想いは尽きなくて 人間が好きになりました

そして やはり思うのは 身体が自由に動く幸せ 仕事ができることは幸せだということでした 精一杯仕事をして生きてきて 満足感があり喜びも苦しみもあり 身体を壊して働いたけれど その先に子供の幸せと孫の幸せがあり 自分の幸せがあることをわかっている方たちでした

入院中の追想を・・・

術後数日で歩行許可が出て病院の敷地内の散歩に出ました 広い林は遊歩道が整備されて鳥の声を聴きながら 野草や木々を観て リハビリ散歩には最高の環境です

12月10日の夜明け 病棟の6回の窓から 日の出の見えるスポット見つけました   

散歩していると春と冬が同居 朝陽を観たくて未明や早朝に外に出ると霜で凍った草や昼の散歩では蝋梅の花が咲き始めていたり 

名残の鬼の野芥子の花と葉はロゼットになっていたり また名残の姫紫苑が紫色に咲いていたり日向には早春の仏の座が咲いていたり・・・

夕陽の沈む空 真っ赤なあかね空を観たいのでしたが残念なことに西側は林に囲まれて夕陽は観られませんでした 朝陽は散歩ながら未明の外に出て木々の間や家々の間から昇りくるのを観ていました

今日1日のパワーをもらう力強い色 空の色 朝陽の色

    

少し違うところから日の出を待つ期待の時間

    

この日は6階から

    

入院の日々も楽しみを見つけて回復を待つ日々でした

そして・・・ 12月の月の満ち欠け
12月8日 有明月 12月17日 弓張月 12月18日 宵月
12月19日 九日月 12月20日 十日月
12月21日 宵月 12月22日 宵月
12月25日 38年ぶりのクリスマス満月 次は19年後
12月24日 小望月
12月26日 十六夜の月
12月27日 立待月 12月28日 居待月
   那須の里山花図鑑