つれづれ花38 モノクローム 春の雪  2012年2月26日
2月29日の宇都宮の雪景色追加しました トップページへ          つれづれ花エントランスへ
2月24日 うららかな陽射しと 柔らかな風と 朧げな夕陽は春の訪れを感じました 宇都宮市街の高台に夕陽は沈んでいきました                                               日付も変わって夜半過ぎ みぞれ雪が降り出して朝は5センチの積雪 重たい雪です  

25日 家への帰り道は道路にあるびちゃびちゃの雪が大型の対向車に撥ねられてフロントガラスに飛んできます 思わず眼を瞑り・・・  危ない! 危ない・・・♪

近道の山沿いの道路を那須に向かいます 塩谷町から矢板市までの間が一番雪の量が多かったようです 除雪車の雪掻きもところどころに作業をしていました

平野部はみぞれ雪でも山沿いは本格的な雪降り 大粒のぼたん雪が静かに降りしきっていました 木々の細い枝に雪が乗ったままの木の風景は綺麗です 山全体が墨絵のように幻想的で 車を止めて 家路を止めて この寒い中コートを着るのも忘れて写真を撮りました そんなあかね雲はまるで不審者 通りがかりの車の中から見る人はよほどの変人だと思ったでしょうね 

でもいいんです こんな美しい雪の風景に出会えるのは今年の最後かもしれないから そして風が吹いたら一瞬でこの雪の華は散らされてしまう いまだから出会える風景なのですから

寒い日が続いても 少しずつ春が顔を出しています オオイヌノフグリハコベ福寿草も今年はまだ花を咲かせてはいないけれど 確かな春はもうそこまで来ています この雪の風景が太陽の陽射しに解けてしまう頃は弥生三月 夢も叶う 希みも叶う うれしい春の予感です  

那珂川上流
同じ場所から振り返り下流方向の河原
伸びやかな水木の枝に雪の華
風が吹く前の一瞬の華
木々の小枝も華盛り
高い崖の上の雑木林
雪にかすむ向こう岸
2月28日 宇都宮にいつもどおり家事手伝いに行きましたら 29日朝も雪でした 先日土曜日に続いてまたです 5時半ごろ3センチくらい 9時10センチくらい 11時15センチくらい 市街地の道路は車が大渋滞 保育園送りは10分ぐらいの道も40分かかりました  雪が降りしきり道路も真っ白で坂道にはスリップの車が多く ノーマルタイヤは無謀です どうぞご注意を

大きなぼたん雪は春の雪 明日から3月 一日一日春の訪れを実感できる季節です

日光街道の桜並木のトンネル 真夏に咲く夾竹桃の葉にも重そう・・・