つれづれ花28 2011年10月5日 テレパシー Let It Be 他8編
トップページへ
詩集8編
つれづれ花 エントランス
    りんどうの花言葉            

   悲しんでいるあなたを愛する

   

    あなたの優しさを頼って

    あなたを求めている人がいる

    

    心が病んで 

    あなたの助けを求めてる

    わたしよりずっと以前から

    あなたの愛を受けて

    あなたに癒されていたいたひと

    疲れて 寂しくて

    あなたに救いを求めてる

  

    以前のわたしなら こんな時

    激しいジェラシーに焼かれて

    自分の心を持て余し

    いやな女になっていたでしょう

 

    あなたに 他人への思い遣りも

    大きな愛も

    ほんとうの優しさも教えていただいた

    だからわたしも

    同じ悩める人が 救われますように

    こころが安らかになれますように

    願います

    

    あの人に あなたが必要なら・・・

    あなたが 悲しむ人を愛しているから

 

    悲しむあの人を愛するあなた

    あの人のもとに

    どうぞ 行ってらっしゃい

    

     

    そして きっと

    笑顔で戻る日を

    お待ちしています 

    

               

  

    テレパシー

    君の夢をみたよ 

    そんなうれしいことをさらりと言う

    

    素直な 屈託のない 少年のよう

    あなたをいつも想うテレパシーを

    感じてくれましたか 

    あなたのアンテナは              

    眠っている時も私の周波数を受信する     

    アンテナ感度は性能アップしましたね

    

    あなたの夢にお邪魔して               

    微笑むだけのわたしです

    あなたも                    

    わたしの夢の中にご招待したいですね

    

    テレパシーとテレパシーが            

    夢で出逢える                     

    夜は                         

    素敵な魔法使い

   

     あなたの哀しみ

    あなたはいつも                

    楽しいことを教えてくださる

    花を観て 美しいものを美しいと想う心      

    空を見て 夢をみること           

    鳥を見て 平和の尊さを              

    虫を見て 慈愛の心を 

    ひとの心の 優しさ 深さ 大きさ     

    人生に音楽はなくてはならないもの       

    いろいろなことを教えてくれる

    あなたはいつも                 

    前向きで快活にいろいろな話をしてくださる

    でも わたしは 知っている 感じてる

    あなたは誰より寂しがり屋で            

    傷つきやすく                 

    心の奥に哀しみを持っていることを       

    消えることのない傷を負っていることを

    だから 誰にでも優しい

        

        わたしの哀しみは               

       どんなにあなたを想っても            

       愛しても                         

    あなたの心をほんとうには癒せないこと

      あなたを癒せないこと 

    

     約束

   あなたとの約束                 

   もう数え切れないほどしましたね

   真剣に確かめ合った約束           

   他愛ない 笑いながらの約束

   

   どんなに約束が増えても            

   その一つ一つ忘れない             

   その時々に心に刻んだから

   でも                       

   あなたは忘れててもいいの

   実現できないだろうとわかっている約束     

   夢物語の約束                 

   そんな約束ばかりだから・・・

   かなわない約束でもいい

   あなたとわたし同じ夢を観て

   きっと実現しようね  と

   約束してくれるのが

   うれしい

 

    Let It Be

悩んでも                   迷っても                   苦しくても                   決まりのつかない想い

こころは                  空を飛んで                  遠くのあなたに                救いを求める

あかね色の夕暮れ               あなたのいる街に               想いを馳せる

あなたは               

何も言わず           

何も訊かず                 

ただわたしの心を               包んでくれる

    

    Let It Be           

    あるがまま            

    なすがまま

    流れのままに

    

    Let It Be                        

    あるがまま               

    なすがまま

 

    答えはひとつ   

    そのまま・・・

      

     未来日記

  あなたと観た夢は わたしの未来日記

  夢は 念ずれば 叶う               

  そう信じてみる夢                  

  

  二人で観た夢

  いつ叶うともわからない               

  叶うこともないかもしれない

  けれど                            

  未来日記は 未来への希望

  叶うことがなくても                   

  いつかきっと・・・ と 念じて 

  今日も 未来日記を書き続けます

    

   キャッチボール

   あなたとキャッチボール              

   こころとこころのキャッチボール

   投げて 返して また投げて          

   そして返して また投げて

   

   想いも 言葉も                    

   尽きるなんて知らない            

   次から次 あふれて・・・

   

   受けるボールも勢いがあったり            

   ふんわりゆるい時も             

   胸にバシッと直球だったり

   ひとつボールを受け取るたびに           

   愛や                       

   夢や                     

   希望が膨らんでいく

   いつまでも このまま・・・          

   永遠にキャッチボールを・・・

   そう願うから

   息切れしないように                

   一休みしながら

   また これからの              

   永いキャッチボールに備えましょうか

   

      傷ついた鳥

大きくて 深い あなたの心は            傷ついて飛べない鳥を                   真綿のようにふっくら優しく包んで             休ませてくれた

そして 鳥は                        あなたの大空を                      安心して飛べるようになりました

あなたも                          深い悲しみを持つ鳥                  傷つきながらも飛び続ける鳥              そして わたしの心に飛び込んできた

悲しみに痛む傷を抱きしめて             羽根を休めに来る

心と心のつながりは

若い時のような求め合いではないけれど

人と 人として

限りある残された日々

心を寄り添い

共に生きてゆきたい

わたしが あなたを想うように               

あなたも わたしを想う・・・ きっと

誰よりもあなたの悲しみを知っているから

それを あなたは知っているから