つれづれ花11 2010年9月  幸運
つれづれ花エントランス    トップページへ
8日 走行距離と幸運
蓮の花は観音の象徴         聖観音の手に持って 描かれます
9月6日にあかね雲の愛車の走行メーターの数字が揃いました 2008年9月納車から丸二年の走行距離です

数字が気になります 前を走る車のナンバーが意味ある数字だったり いつもお邪魔させていただく皆さまのHPのカウントの数字が揃ったり キリのいい数字だったり ゼロが並んだり そんなときは ラッキ〜と心で叫んでしまいます 4と9が出ることも多いです 4や9は日本では嫌われる数字ですね でもわたしは嫌ではないです ある会員番号も49で気に入っています

幸運はいろいろあるように想います 宝くじはもう40年以上買い続けています ジャンボと名の付く年数回発売の宝くじです 永年買い続けていても当選額は最高10万円が一回、1万円が数回ぐらいです

大金には縁のないあかね雲です が 幸運には恵まれているように思います 第一に平穏な毎日を送れること 大きな病気をしないで健康と言えること 悩みはありますが心の持ち方で何とかなること 

尊敬し信頼できる人と出会えることも幸運です                                

信じるものも いろいろあります 自分を信じる 他人を信じる そして神仏への信仰も信じる心のひとつですね 想い込みやすいこと 信じやすいこと 熱中しやすいこと それは欠点でもあり良いところかもしれないです

仏画に惹かれ 一心に習い描いたり・・・

そのころ偶然にも車の事故が娘とわたしに続きました ある日 わたしが畑にいるときのこと 下り坂を降りて来た車が急カーブのガードレールに激突(×印) 衝撃で跳ね返って30メートルくらい離れたところで後を向いていたわたし(●印)に突進してきました 直感で振り向き咄嗟に身をかわし後ろに逃げて 間一髪で直撃を免れました

ゆるいカーブに見えて直角カーブなんです 見通しがよくて下り坂の右カーブで危険な坂道だという注意を油断してしまうのでしょう 

グーグルマップで図解と ここは事故多発地ということで設置された 急カーブ注意の道路標識と路面に注意書き 路面の注意書きは消えて薄くなり見えにくくなりました

気付かないでいたら最悪即死でしたから・・・ 今想い出しても恐怖の 奇跡の幸運としか思えない命拾いの出来事でした

娘の場合 右折しようと 対向車の過ぎるのを待って停車中 後ろから大型トラックに追突されましたが怪我なしでした 追突の衝撃でセンターラインを越えて その時対向車が来たら正面衝突ですから・・・ どうなっていたかと思うと恐ろしいことでした

怪我もなく済んだことは 観音さまが救ってくださったのかな?なんてね! 感謝

観音さま 観世音菩薩 身を三十三に変化して人々のあらゆる苦難を救済する仏と信じられています  地獄で六観音がそれぞれ六道で苦しむ亡者に救いの手を差し伸べると信じられています

2011年8月1日 上野不忍池の蓮華
  那須の里山花図鑑