トップページ         山野草3月          庭の花1          木の花1         那須の四季風景        つれづれ花エントランス
   星  月
月がきれいだね                            その昔 夏目漱石は 「 I LOVE YOU 」 を”月がきれいだね” と訳しました                  イギリスの小説のなかの I LOVE YOU を 「愛してます」とか「好きです」と訳した男子学生に 「そんな風に訳すものではない こういう時は ”月がきれいですね” と訳すものだ 」 と言ったのだそうです 漱石が英語教師時代のことです                                          
月に想ふ 星に願ふ
月齢と名前      (旧暦の日付)                   1日・新月(朔)            2日・繊月 既朔                  3日・三日月(眉月)         4〜6日・夕月           7日・上弦の月(弓張月)       8日・宵月              9日・九夜月             10日・十日夜(とおかんや)     11日12日・宵月             13日・十三夜            14日・小望月(宵待月)          15日・満月(十五夜 望月)     16日・十六夜(いざよい)      17日・立待月            18日・居待月            19日・寝待月            20〜21日・更待月(ふけまちづき) 22日・宵月                 23日・下弦の月(弓張月)    24日25日・有明月       26日・二十六夜月       27日28日・有明月           29日暁月             30日・晦日月           
家路は山道が続き夜道は寂しい 車の通りも少なくて心細い でも今夜は月がずっと連れ添っていてくれる だから大丈夫 那須高原大橋のライトと月が那珂川の水面に写って綺麗なので急ぐ車を止めて写しました                    これも一つの思い出です                    2010.1.29.
金星 のこと
春の宵 ある日突然 北西の空にひときわ輝く星に        気付きました 何故今まで気付かなかったのでしょう              「あれは宵の明星 金星だよ」 と教えていただきました  金星まめ知識                         太陽系惑星の一つ 直径は地球より僅かに小さい 表面は厚い雲に覆われている 地球の兄弟星 地球のすぐ内側に位置 225日で太陽を一周 地球は左回り金星は右回り  最大光度は一等星の数十倍 月とのランデブーも時々見られます                                 金星探査機「あかつき」が2010年5月21日打ち上げられました JAXA 宇宙航空研究開発機構
夕方西の空に見える 宵の明星               明け方東の空に見える 明の明星             漢名は太白星
2010.8.22. 十三夜の美しい月
2010年1月29日 左・宇都宮郊外から眺める夕景 沈んだ夕陽に真っ赤に染まるあかね雲 
右・振り返り東の空を見ると 夕映えのあかね雲から大きな月が昇っていました  今日は十五夜月齢14.16の満月  明日は十六夜月齢15.14満月                                                              
ブルームーンの説の始まりは アメリカメイン州農民年鑑に始まる                          二至二分(冬至・夏至・春分・秋分)の直後の満月から三番目の満月をブルームーンと呼ぶ  一つの季節に四度の満月がある場合の三番目の満月を指す     
朧月夜 2009.4.9. 紅枝垂桜の蕾の向こうから昇り始めた満月       

白木蓮とやしおつつじを透かして大きな紅い満月がゆっくり昇って来ました

広〜い風景が見渡せる那須のすそ野から観るお月様は最高 澄んだ空気と妨げる電気の灯りもないので月も満天の星もはっきり見えます
十三夜の月 月齢11.9  フォリゾントに映るような夕暮れの色  2007.10.23. 2009.9.24.月齢5.3の夕月         電線は五線譜月は音符              青い空あかねの山の端黒い山のシルエット 
2008年12月1日の天体ショー 月齢3.4の夕月と金星と木星が大接近スマイルマークのよう     大接近から二日後12月3日にはもうこんなに離れてしまいました 日本中が沸いた皆既日蝕         ここ那須では雲間から部分日食が見えましたが写真にはよく写りませんでした      2009.7.22.
2009.6.6.薄い雲間から見える月齢12.6の小望月も幻想的で趣深い 満月に浮かび上がる雲が龍のように見えますね
十六夜の月月齢15.3 2009.10.4        山の端から大きな紅い月がゆっくり昇ってきました             月齢23.3の有明の月         青空に白い朝の月の存在感   印象に残る今日の月         2009.10.12.
京都で月と木星のランデブーを観ていました 京都駅八条通りホテル前の信号待ちの時です               左12月14日九日月  右12月15日十日月
七日月と木星のランデブー 2009年               夕焼けの残る黄昏の空に輝き始めた月5時ごろ                         7時ごろが一番美しく見えるようです
2014年9月28日 18時59分 沈みゆく夕月
2010年9月13日 夕暮れの月と宵の明星金星 この後11月頃まで見えて その後新年には明けの明星になります
2010年1月30日 満月十六夜の月 月齢15.14日  山の端から昇ってきた時は雲の中 月の周りだけ雲がかかり雲を照らしていました 何度か外に出てみて6時30分頃雲から離れて煌々と光る月が見えました 何の障害もなく快晴の青い月も美しいけれど雲に遮られて思うように見えない月もなかなかいいと思えるのです  夕立の黒い雲の上にモクモクと立ち上がる入道雲 夕陽に照らされてあかね色に  2010.7.22.
2010年8月22日 十三夜の月 やったー!という感じ 念願かなって月のアップを撮ることができました クレーターもはっきり写って大満足                十三夜は十六夜と共にロマンチックな月の夜 満月も十六夜も雲の陰で撮影はできませんでした 天体望遠鏡35倍にデジカメを合わせました
2010年10月23日 十六夜 満月  今年の9月 10月は 丸くなる月の見られる日が少なかったような気がします 10月の十三夜は後の月見でしたが雨でした 十五夜は夜中過ぎ見られました そして十六夜はこんなに美しい月がみられました 写真
2010年 満月と枝垂桜
2011年12月10日 皆既月蝕 望遠鏡25倍で撮影
23時06分 23時07分 すっかり地球の陰に隠れました 23時09分
24時09分 皆既月蝕が終わり月が見えてきました
2014年10月8日 十五夜満月皆既月蝕 1年のうち十五夜と満月が同じ日は50パーセント以下の確率 今夜は絶好の機会 月の出まもなく18時30分ごろから月蝕が始まり20時30分ごろに月蝕の終わりになります 全国的に晴れ間が多く関東地方でも首都圏は観られたようですが ここ北関東は夕暮れから雲に覆われ7時ごろ雨降り 夜は止みましたが今夜の月は観られませんでした
2014年 3月 月の満ち欠け
3月11日 3月15日小望月 十六夜満月スーパームーン 3月17日
3月21日更待月 3月24日下弦の月
2014年9月9日 スーパームーン
動画1 動画2
   2016年11月15日 十六夜 ブログ
2016年11月14日は特別なスーパームーン
2015年12月の月の満ち欠け
12月8日 6:33 12月17日 12月18日 18:33 12月19日 16:39
12月20日 12月21日15:51 12月21日17:21
12月22日17:20 12月24日 17:28 12月25日  12月26日18:18
12月27日 12月28日

トップページ         山野草3月          庭の花1          木の花1         那須の四季風景        つれづれ花エントランス