チドリノキ 千鳥の木 2013年1月31日 トップページ              つれづれ花エントランス        旅のページ               山野草3月4月           木の花早春             木の実                   草の実
樹のファイル 
写真をクリックしますと大きな画像になります
チドリノキ 千鳥の木  Acer carpinifolium

カエデ科 カエデ属 

別名 ヤマシバカエデ  シラシデ

本州 四国 九州 の沢沿いの山に自生する

カエデ科なので葉は対生 果実は翼果

葉はサワシバやクマシデに似ている 柔らかで繊細な感じ               鋸歯は重鋸歯

葉は冬の間も落ちないで春の新芽の芽吹きまで付いている

雪の中 犬の散歩ながら 山に散策に出かけ思いがけない初めてのカエデ科の木に出会えたのは幸運でした

犬も歩けば棒にもあたる 冬の林の散歩 いいことあります♪

2013年5月5日 念願の青葉の芽吹きに出会いました

次ぎは長く垂れ下がる花に会いたいです

重鋸歯
葉芽を包んでいる苞はカエデ科の特徴を表しています
2013年2月28日 京都府立植物園のチドリノキ