タチヤナギ 立柳  2016年6月8日        トップページ              つれづれ花エントランス        旅のページ               山野草3月4月           木の花早春             木の実                   草の実
8月の葉と冬芽の様子追加 樹のファイル 
マルバヤナギ バッコヤナギ コゴメヤナギ
イヌコリヤナギ オオバヤナギ シダレヤナギ
カワヤナギ オノエヤナギ ネコヤナギ
タチヤナギ 立柳 Salix subfragilis   

ヤナギ科ヤナギ属  日本全国に分布 雄雌異株 

低地の日当たりの良い湿地や川岸に生える

雌花は黄緑色 雄花は黄色で雄蕊が3本あるのが見分けの特徴 

花は4月ごろでやや遅い 冬芽は扁平な三角で枝に沿う 

新葉は赤味を帯び 細かい鋸歯がある 裏に巻かない

幹の樹皮が鱗状に剥がれ落ちる

タチヤナギに良く似ているヤナギにジャヤナギがある 

中国や朝鮮半島から渡来したと考えられ 日本にはジャヤナギは雌株確認されているが雄株はまだ確認されていないと言われる

どのように子孫を残すか ジャヤナギの枝は折れやすく 肩が触れたり枝を引き寄せたりしただけでも折れてしまう それなので強い風が吹いて折れた枝が遠くに飛んで 落ちたその地に根を張ると考えられている 

本州から四国や九州に分布 温暖な湿地を好むヤナギ

葉裏が粉白色で葉の裏にも表にも毛がない 葉の長さは8センチから15センチくらい 

タチヤナギとの見分けは 枝が折れやすいのと葉裏が白いこと だが 見分けは難しい

葉柄と冬芽が紅い木 3年目の木
枝先は粉をふいたように白い部分もある
葉柄と冬芽が緑の木  3年目の木
  那須の里山花図鑑