タカノツメ 鷹の爪   2013年 9月28日 トップページ              つれづれ花エントランス        旅のページ               山野草3月4月           木の花早春             木の実                   草の実
樹のファイル 
写真をクリックしますと大きな画像になります
タカノツメ 鷹の爪  Evodiopanax innovans

ウコギ科 タカノツメ属

九州以北 落葉中木 葉は3枚づつ付いている

花の確認はこれからの課題です

冬芽の先が曲がって鳥の鷹の爪に似ていることから付いた名

若葉は食用になり コシアブラ(シロキ)の芽に似ている

この木は2010年滋賀県の琵琶湖の河口にあるお寺 立木観音に参拝した折 700段という長く急な石段の途中に落ちていた黄葉の葉を何と言う葉だろうと見つけた印象的な木です

その後 名前をお尋ねしてタカノツメと教えていただきました

2012年 山林の下草を刈っている時に所有の山にあることを知りました 旅先で初めて見た木が身近にあることがうれしいです

2010年 京都旅二日目 立木観音を訪ねた旅日記へ 

滋賀県立木観音の石段中腹 黄葉タカノツメ