京都一人旅日記 2010  12月17日 五日目
トップページへ       旅のページ集へ
おはようございます

朝食のバイキング 今日もたくさんいただきました          コーヒーも二杯 美味しくいただきました               さぁ チェックアウトして 最終日も有意義に時間一杯楽しみましょう 今日は温かくていいお天気 四条河原町の鴨川沿いをゆっくり散策します

ホテルを後にして信号待ちの時 右を向くとカラオケボックスの前に綺麗な紅葉が目を惹きます 陽に照らされて透けて本当に美しい・・・                             楓の木 です(台湾楓 モミジ葉楓  アメリカ楓)

京都駅前八条通り
印象的な美しい名残の紅葉です
京都の街並をもう一度眺めたくて 京都市内循環バスに乗りました 

206系統 京都駅→四条大宮→千本北大路→北大路堀川→北高校前→高野→百万遍→東山三条→祇園(下車)→四条通り・鴨川散策

(この通りは北大路通り 後2013年訪ねる京都府立植物園はこの通りと鴨川に隣接しています)

八坂神社前の祇園でバスを降り四条通りを西へ2〜3分歩くと京都南座 そして鴨川へ 京都を舞台にしたサスペンスドラマの撮影では鴨川辺りの風景や遊歩道散策のシーンが必ずといっていいほど登場します 

今出川通りから銀閣寺方面を車窓から
四条大橋の袂には 出雲の阿国の像がありました  ストリートミュージシャンの電子ピアノと歌声も響いて 面白いコラボの写真が撮れました 日本の芸能の原点と洋楽と京都の街で芸術つながりですね           そして 交差点から八坂神社の方角右手には京都南座 今年は何かと話題になりました             本来なら坂東玉三郎が京都南座に出演はありえないことだそうです 特に新春公演は・・・
カメラを構えてる目の前にメジロが来てくれました 青い鳥のようでうれしかった
植栽のマユミ
ユリカモメは別名都鳥 名前の由来は京の都の鴨川に居る鳥 ということからとか               何種類ものカモも鳩も烏も泳いだり飛んだりしています 鳥さんたちと遊びいい時間を過ごしました
ユリカモメ 都鳥 橋は四条通り
賑わいを見せる四条大橋の袂はその喧騒も嘘のような静かさ 3時間ぐらい鳥さんたちと遊びながら鴨川沿いの散歩道を散策しながら今回の京都の日々を回想していました ふっと我に返りました            「ああ そうだ 帰らなければ・・・」 夢の日々は終わります 楽しい夢はいつか醒める それは当然のこと  夢を見られたのは幸せ  夢をつかめたのは幸運

今回の京都の旅は人生の中で出逢えたすばらしい宝物でした 

帰り道の新幹線のぞみはとても速い 現実に向き合う心構えのできないまま 陽は沈みゆき 暮れて闇の世界へ 夢はもう終わります  そして 現実へ・・・

よい旅でした さまざまな想い出を心に刻み 心はまだ京都に残しながら 帰るべきところへと新幹線のぞみは走ります 想い出は想い出として心が受け入れるまで時間がかかります            心の中に想い出となるまで半月以上経過してやっと冷静に整理ができるようになりました            それくらい今回の旅は感無量の日々でした  

トップページへ       旅のページ集へ 五日間お付き合いありがとうございました   
京都一人旅日記 2010 一日目へ