すみれ スミレ 菫  2016年5月28日
トップページへ        山野草 早春へ      つれづれ花エントランス 
7月3日 アオイスミレ 画像追加
2017年4月22日 フイリヒナスミレ ニオイタチツボスミレ雑種 マキノスミレ 追加
山野草ファイル
すみれ スミレ 菫
すみれ 菫は日本全国の山野に自生する多年生のスミレ属学名Viola mandshuricaの総称で その変種を加えると60〜70種あると言われます (ビオラやバンジーのような園芸種以外)

スミレの名前の由来は横から見た花の形が大工さんの使う線を引くときの道具の墨入れ(墨壺)の形に似ているからとされるのが一般的です 糸に墨を含ませ糸を引いてはじくと真っ直ぐな線が引ける優れた道具です

スミレの葉や花の茎の出方は二種類あります 地下茎が伸びて葉を互生させる有茎種でタチツボスミレやアオイスミレなど 葉や葉柄が土から一本延びている無茎種はアケボノスミレ スミレ アカネスミレ シハイスミレ など

もう野原にも田の畔にも道沿いにもスミレの花の時期は終わり姿はすっかり見られなくなった5月26日に 牧草地に出かけてみると陽の当たる林の縁に鮮やかな紫のすみれを見つけました

大きな花が一本の茎から一輪 茎の長さは18センチくらい 何というすみれでしょう 早速家に帰り「私の花図鑑」内の「すみれ特集」を一つ一つ参照 スミレViolet, Viola mandshurica という名のスミレの代表種のすみれがあることを知りました

今回も いつもの場所でも 新しい花に出会えるうれしさをまた感じました

すみれは似ているもの交雑しているものが多く名前に間違いがあるかもしれません 参考の範囲でご了承くださいませ

花言葉: 謙虚 誠実 小さな幸せ (他にスミレの色によりそれぞれあります)

  無茎種
あけぼのすみれ 曙菫 Viola rossii  紅紫の大型のうつくしい花の形 まず枯れ葉の中から一本の茎を伸ばし咲き 花の頃は葉はまだ幼くて目立たない 花が終わるころ一本の茎を伸ばして丸まった葉が少しずつ展開する 花が終わって展開した葉は8センチぐらいありハート形
すみれ 菫 Violet, Viola mandshurica 葉柄に翼があるのが特徴 花が大きい 花柄葉柄の長さ18センチくらいになり 5月に咲く
あおいすみれ Viola hondoensis 花色は白 紫の筋がある 早春に咲く 花後の葉は大きくなり8センチぐらいになる 地下茎が張り茎も伸びてここには大きな集団になっている
あかねすみれ 茜菫 Viola phalacrocarpa ひめすみれ 姫菫 Viola confusa
おかすみれ 丘菫 Viola phalacrocarpa f. glaberrima          アカネスミレに似ているが全体に毛がない
ありあけすみれ 有明菫  Viola betonicifolia
ふいりふもとすみれ 斑入り麓菫          Viola sieboldii Maxim. f. variegata
まきのすみれ 牧野菫 Viola violacea var. makinoi ヒナスミレに似ている 東日本に多く観られる 葉は直立するように出てくるのが特徴 葉は波打たない
ふいりひなすみれ 斑入り雛菫 Viola tokubuchiana var. takedana f. variegata 
ひなすみれ 雛菫 Viola takedana まきのすみれに似ている 葉が波打つ 距が太いなどで見分ける さくらすみれ 桜菫        Viola hirtipes
  有茎種
えいざんすみれ 叡山菫 Viola rizanensis    杉林など少し湿った樹下を好む つぼすみれ 壷菫  にょいすみれ 如意菫        Viola arcuata                     白い花びらは上に反り返る 紫の線がある
たちつぼすみれ 立壺菫 Viola grypoceras 野山や里山 道端 空き地 田の畦畔 市街地まで日本全土にふつうにどこでも観られるすみれ
ニオイタチツボスミレ と タチツボスミレ の雑種らしいスミレ  

花の形はニオイタチツボスミレ的で、根出葉や葉の形はタチツボスミレ的 両種間の雑種はマルバタチツボスミレ(Viola×pbtuso-grypoceras) 雑種は結実しない 結実して種子が出来れば、少し変わり者のタチツボスミレ 5月3日結実を確認 5月22日種子を確認

 那須の里山花図鑑