トップページ         山野草3月          那須の四季風景        ロイヤルリゾート那須
  里山の仲間  鳥
動物も昆虫も 風もお日様も 花も みんなみんな一緒に生きてる仲間たちです 見慣れたとんぼや蝶 蜂 ギョッ とする毛虫も良く見ると 個性的でとても美しい姿をしているね デザインも斬新で感心して見入ってしまう
とんぼ・蝶・蛾  虫たち  蛙・両生類
もず 百舌
ムササビ 晩鳥(ばんどり) のぶすま       那須地方では ばんどり と呼びます      大きな杉の木のうろにずっと昔から代々住んでいます こんな明るいうちに姿を見せるのは珍しいのですが写真に撮れたのもラッキー!  体長約50センチメートル 木から木へ滑空する時は被膜を広げます 冬のころと夏のころに恋の季節を迎え深夜まで クークークー クルクルクル と大きな声で鳴き会います 
十三夜ムササビの鳴き声
洞からむささび 2017年1月5日
ムササビ 洞からカメラ目線 
カケス
歌うカワラヒワ
カワラヒワ動画
うぐいす 動画
カワラヒワ 鳴き声も姿も美しい鳥です 水浴びに来ました 羽の黄色が目立ちます 数十羽の群れで見られます 飛んでいると日に照らされた羽がキラキラきれい                 動画1    動画2
2010.5.9.ひばり  牧草地や田の畦畔にひばりがいつも数羽います 警戒心が強く近くではなかなか見られないのですが今回10メートルくらいで 望遠でないのが残念! 空中にホバーリングしてにぎやかにさえずっています
2010.5.5.庭に雉のめす鳥が遊びに来ました 初めて見ました 人が近くにいても逃げる気配もなく悠然としているのには驚きました   左拡大
ひよどり オレンジやりんごを切って置いておくと目ざとく見つけて食べに来ます 人懐こくてすぐ近くの木に来ます
おなが  宇都宮病院    おなが 動画
朝から賑やかに飛び回り そして羽を休めます       2010.7.17 青空に・・・ 巣立ったばかりの雛つばめは大雨の降る中でも身を寄せ合って親が餌をくれるのをじっと待ち続けています
電線にツバメの群れ ここの集落内に150羽ぐらいの群れになります2008年8月
つばめ動画
つばめの大群2010.8.6. 朝早くから賑やかに鳴きながら飛び回り昼頃は電線に留まり休憩します うちの作業所には巣が15ぐらいあります 春に南の国から戻った時 その中から気に入った巣を決めて雛を育てます 5つの巣に5羽の雛が 8月いっぱいまでに3回育ちます と うちだけでも単純計算で75羽が巣立つことになります その間作業所は使わず 物も置かず シャッターは開けたままです 

地元ラジオのふるさとレポーターをさせていただいていた時に女性パーソナリティの方に 「つばめの数はどのように数えるのですか」と尋ねられました 「電線の下の段を数え二段目を数え 三段目 四段目・・・と次々数えます」とお答えしました つばめは落ち着いて休みますので数えやすいです

おしゃべりつばめ
つばめ飛来
巣作り
子育て
電線給餌
緊急事態
雛ずぶぬれ
電線整列
すずめのいたずらで落ちてしまった雛を籠に入れました        親ツバメはちゃんと餌を運んで無事巣立ちました
こげら つぐみ じょうびたき      宇都宮病院 つばめ 愛の語らい
鳩 京都・北野天満宮    2007.3.9.
2010年 大晦日 電線にアトリ科の群れを見つけました          アトリ科は尻尾の形が魚の尾びれみたいな特徴 
やまがら 2007.3.7.       京都・祇王寺
1011年1月17日  雪の朝 雪掻きをしたところに 野鳥が十数羽 杉の実を食べにきています 名前は ハギマシコ  アトリ科 カワラヒワ ベニマシコ と同じ類 くちばしが太く短い 胸はほんのり紅色に染まって綺麗です
2016年2月14日と16日 見事なアトリの大群に遭遇 数日間毎日来ていたのかもしれないけれど遭遇で着た幸運に感激  動画もどうぞ   
ミソサザイ  もっとも小さい鳥という意味の名前 伝説では鳥の王と言われる        換気扇の隙間から時々家に入ってきます 外に出すのも一苦労です
キジ 雉 オス  動画 きじ雌     きじ雄の雄叫び
おおるり 大瑠璃    ゆうゆうとんび動画    トンビ群舞の動画
牧草を刈るトラクターの音を聞きつけて遠くからたくさんのトンビが集まってきます 高い空から獲物を見つけてさっと降りて 一瞬で捕まえて さっと飛び去ります 遠い距離から小さなカエルやネズミや蛇を見つける鳥の視力には敬服して観ています 
高知県の海辺にて
とんび
サシバ 弱肉強食の世界 カモが獲食になりました
サシバの見分けは目の縁の黒さと胸の色
画眉鳥 動画1
画眉鳥動画2
黒ツグミ さえずり
ノスリ 2016.3.23. いつも一羽でいる ツガイも見たことがなく 群れも作らない いつも一羽でいていつも気になるノスリをカメラで捉えることができました カメラを構える人間を目ざとく見つけすぐに移動してしまいます
庭のつぐみ
西日本のつぐみ
かっこう 郭公    動画1   動画2
大田原市羽田沼の白鳥とカモ 2006.1.11. 快晴の日の夕方は氷点下の寒さ カメラを構える手もかじかみ 冷え込みましたが 白鳥とカモの多さに圧倒され 長い時間 観ていました 夕方の帰って来た白鳥が着水する光景が見どころです 特別天然記念物のミヤコタナゴの生息地が近いこともあり水質汚染が懸念され 近年は白鳥への餌付けが制限されています
オナガガモ 白鳥とオナガガモ グレーは白鳥の幼鳥
夕陽かも悠々
夕陽かも池
夕陽のかも
カモ池のオオバン
ネッシーのようなオオバン
オオバン 黒い鳥のイメージより淡い色 額と嘴の白から確認
マガモ 鴨川のマガモ 調整池のマガモ
カルガモ  キンクロハジロ 調整池のキンクロハジロ
コガモ 顔の色と線は芸術的 動画 きらきらコガモ 鴨川のコガモ
頭が緋色だからヒドリガモ 白い線も目印です 西日本や鴨川で
2014年12月 旅先で出会えた鳥たち
奈良県飛鳥村のカシラダカ と ハクセキレイ コサギ 鴨川 アオサギ 鴨川
京都北大路通り鴨川に遊ぶ鳥たち こさぎ ちゅうさぎ ゆりかもめ かも   いろいろ 
2016年3月 旅先で出会えた鳥たち
太宰府天満宮のカシラダカ 長崎稲佐山のシロハラ 鴨川のセグロセキレイ  ユリカモメ  アオサギ  公園の掘割や池や鴨川にはさすがにカモがいろいろ  春の温かな陽射しに悠々と・・・ 
ノビタキ 稲田や野原や草地にこの鳥の姿を見かけると秋の訪れを感じます いつも二羽でいるのも特徴かな 仲良しのペアの可愛い姿がかわいいですね
秋風に吹かれて 警戒心があまりないのか人が近くにいても飛んで来る
ニホンザル
ソルダムの花にメジロが来て花から花に飛び交う         2017年4月23日
トップページ

虫たち

鳥・水辺