トップページへ        山野草 3月4月へ 
山野草 7月 
高原の夏に力強く可憐にさわやかに咲く花たちです  あの夏の日 山道で草原で見かけた 子供の頃を思い出す 懐かしい夏の花たちです   
花言葉・説明は 花語り の記事へどうぞ
古代ハス  大賀ハス Nelumbo nucifera
2010年 山の中にある水田の揚水池にこの美しい蓮の花が咲いているのを見つけました この池の持ち主も知らずに咲いている蓮です  後日談 この池の持ち主に近くの別荘の住人の方から「蓮を植えたい」と申し出があり植えたそうです 人目につかない山の中に咲く美しいハスです
すいれん 睡蓮      Nymphaea, Water lily, Lotus
この地区はどこからも清水が湧いています 水温は一年中を通して14℃ 飲み物に最適の温度です ばいかも 梅花藻 Ranunculus nipponicus var. submersusが繁殖して水の流れに揺らめいています 残していきたい景観です
あさざ Nymphoides peltata  めだか鉢の中で咲いています 
こなぎ  小菜葱   Monochoria vaginalis  
浮き草        Spirodela polyrhiza
へらおもだか 箆面高     Alisma canaliculatum おもだか 面高     Sagittaria trifolia ほしくさ(星草)科の一種
ほたるい 蛍藺 Scirpus juncoides    湿地に多く見られます 田んぼでは厄介な草 くろぐわい 黒クワイ  Eleocharis kuroguwai
ふとひるむしろ 太蛭莚 Potamogeton fryeri 用水池に繁殖しています 酸性の水を好む 葉は水中に発達する沈水葉と水面に浮かぶ浮水葉がある
 藺草 Juncus effusus  細く固く丸い長い 畳表のイグサはこの栽培種です
ミクリ Sparganium crectum  ミクリ属は葉はリボン状、抽水葉の断面は肉厚のV字状になります 根元に近い部分の断面は明瞭にV字状、上に至るほど不明瞭なV字状である さわると柔らかくスポンジ質であること、葉の先端が円頭である ミクリはミクリ属の中では最長になる                          ミクリ属Sparganium(ミクリ ヤマトミクリ オオミクリ、ナガエミクリ タマミクリ)はとても似ていて専門家でも同定は難しい この池は水深1メートル以上あり水面の上に葉が伸びていることからミクリまたはエゾミクリと思える 教えていただいたことを基に自己判断ですが
やまゆり 山百合 Lilium auratum, Goldband lily  ゆりの女王といわれる
2015年追加写真
ゆりいろいろページへ
うばゆり 姥百合 Cardiocrinum cardatum               花が咲くときには葉がないことを歯がない=老婆 と喩えて付いた名
おにゆり 鬼百合 Lilium lancifolium 
ばいけいそう 梅恵草 Veratrum album 9月の花後 とりあししょうま 鳥足升麻   Astilbe thunbergii うど  独活      aralia cordata
いぬびゆ Amaranthus lividus 畑に生えると雑草として嫌われる草も良く見ると魅力的 名前も意味が深い すべりひゆ    Portulaca oleracea  国会議事堂横に植えられて咲いていました
強い草です 夏の暑さにも負けない元気な草です 葉と姿は園芸種のポーチュラカにそっくりです
ごぼう 牛蒡       Arctium lappa L. まつよいぐさ 宵待ち草 待ち宵草  Evening primrose, Oenothera stricta やまじのほととぎす 山路の杜鵑 Japanese toadlily,Tricyris macropoda, T affinis 
こにしきそう 小錦草 Euphorbia supina  おおにしきそう 大錦草Euphorbia maculata  はえどくそう 蠅毒草  Phryma leptostachya のぶき 野蕗Adenocaulon himalaicum
血止め草 Hydrocotyle sibthorpioides
からすびしゃく 烏柄杓 Pinellia ternata  この姿が苦手で触れなくて空き地にどんどん増えてしまいます 
下草のように地面に這ってびっしりと繁殖しています もみじがさ 紅葉傘                Cacalia delphiniifolia     
おおばこ 大葉子       Plantago asiatica へらおおばこ  箆大葉子 Plantago lanceolata かなむぐら 金葎実    Humulus japonicus
へくそかずら 屁糞蔓     Paederia scandens  やぶがらし 藪枯らしCayratia japonica ぼたんずる 牡丹蔓 Clematis apiifolia
2012年 7月22日 初めて見つけ 新アップです
しおで 牛尾菜  Smilax riparia おおかもめづる 大鴎蔓 Tylophora aristolochioides   
2012年 7月24日  新アップです
アフリカハマユウ 学名Crinum bulbispermum  ひがんばな科はまおもと属       英名Orange river lily                             

インドハマユウとされていたものは南アフリカが原産の「アフリカハマユウ」 アフリカハマユウには、白い花びらばかりではなく、ピンク色の筋のあるものもある

インドハマユウ 学名Crinum latifolium はユリ目ヒガンバナ科ヒメノカリス属の多年草 花柄はほとんどない 花色は白とピンクがある

左から三枚の写真をK子さんより送っていただきました 貴重な写真です ありがとうございます♪                     アフリカハマユウの園芸種 クリナム エレンボサンケ Crinum X ellenbosanque 

右の一枚 クリナム・パウエリー Crinum powellii  S子さんよりいただきました ありがとうございます♪

2012年8月 2013年8月4日 2014年8月17日 2015年1月22日あっぷ
2015年7月27日  8月18日  今年もK子さんよりいただきました
シンテッポウユリ 新鉄砲百合 Lilium x formolongo たかさごゆり 高砂百合 Lilium formosanum
シンテッポウユリはテッポウユリとタカサゴユリの自然交配種 テッポウユリは春開花 シンテッポウユリは夏から秋に咲き花は白 タカサゴユリは夏から秋に開花し花筒に赤紫の筋がある 高砂とは台湾のこと 
はくさんふうろ 白山風露         Geranium yesoense  日光にて きぬたそう 砧草 Galium kinuta
げんのしょうこ 現の証拠 Geranium nepaiense 効き目はこのとおりという意味の名前  整腸剤として利用されていました 乾燥させて煎じて呑みます 実を見つけたときとても綺麗でユニークで眼を見張りました  実の別写真 サジガンクビソウ 匙雁首草Carpesium glossophyllum Maxim.
いのこずち 牛膝Achyranthes bidentata しろざ  白藜    Chenopodium album        はんげしょう 半夏生  Saururus chinensis
ししうど 獅子独活 Angelica pubescens 
うまのみつば 馬の三つ葉 Sanicula chinensis  この地区の小学校の前の野原に咲いていました 今は整地されペンションが建設されました またひとつ貴重な野草が消えてしまいました
みやまししうど 深山獅子独活         Angelica matsumurae
やまぜり 山芹 Ostericum sieboldii 
小さな小さな花がまるで夏の夜空に打ち上げられた花火のように綺麗です
どくぜり 毒芹 Cicuta virosa
ようしゅやまごぼう 洋種山牛蒡 Phytolacca americana
やぶにんじん 藪人参   Osmorhiza aristata
たけにぐさ 竹似草  Macleya cordata
みなもとそう 水元草 Potentilla cryptotaeniae    2014.7.28. 水の湧き出るところや水のあるところに生える みつばつちぐり  三葉土栗 Potentilla freyniana   小葉は三枚で よく似ているキジムシロは3〜5枚の小葉
みずたまそう 水玉草 Circaea mollis 2014.8.8.                  半日陰の山地に生えています 小さな花です 実の先に花が付いています 実には細かな毛が生えていてほんとうに水玉みたいです こんな花が咲いていることを初めて知りました ひめやぶらん 姫藪蘭  やぶらん    Liriope minor  2014.7.30.            下花唇が出ているのが特徴          似ているコヤブランは葉は広く花の数も多い
からまつそう 唐松草 Thalictrum aquilegifolium  開花は9月初めごろ
みやまからまつThalictrum tuberiferum 2014.7.23.

ミヤマカラマツです。ネットではカラマツソウと混乱していますが雄蕊の下部が糸状で急に太くなるのが特徴(カラマツソウは野球のバットのように次第に太くなる)

さぎそう 鷺草   Habenaria radiata
鷺草とホウジャク
かわらなでしこ 河原撫子 dianthus superbus   日当たりのよい乾いた草原に自生する 海岸沿いの岩場にははまなでしこが自生する 
もみじばるこうそう 紅葉葉婁紅草 Ipomoea x multifida 
丸葉 細葉 など種類があるそうです 緑の葉に小さな真っ赤な花が毎日たくさん咲きます
おかとらのお群生   Lysimachia clethroides みずひき群生    Polygonum filiforme おおはんごうそう   Rudbeckia laciniata うつぼぐさ群生     Prunella vulgaris
山野草8月へ