山野草 5月  春爛漫 トップページへ     
春爛漫 百華繚乱 色とりどりの花が咲き 命の息吹を謳歌する  明日に希望をつないで わくわく 夢も膨らみ 気持ちも前向きになれそうなうれしい季節です   
花言葉・説明は 花語り の記事へどうぞ
 れんげそう 蓮華草 Milk vetch, Astragalus sinicus   ぎしぎし 羊蹄  実  Rumex japonicus 
すいば 酸葉 Rumex acetosa もう一枚
ひめすいば 姫酸葉 Rumex acetosella 雌雄異株でこの三枚は雄花 雌花
おおかわちしゃ 大川萵苣 Veronica anagallis-aquatica 春になると1メートルくらいに伸びてわき芽も伸びて川を覆うように大繁殖する   有害外来植物のため栽培禁止 移動禁止  
きつねのまご 狐の孫   Justicia procumbens  きつねのぼたん 狐の牡丹Ranunculus quelpaerttensis  けきつねのぼたん 毛狐の牡丹Ranunculus cantoniensis  
たがらし 田辛子 田枯らし Ranunculus sceleratus 画像は「たのしい草花ずかん」様よりお借りしました
2017年2月末 岡山県吉備平野の田の畔で撮影
赤クローバー 赤詰草 Trifolium pratense クリムソンクローバー Trifolium incarnatum
華やかなクローバーですが牧草として飼料にされます
紅色になる花もある
 しろつめくさ 白詰草 Clober, Trifolium repens 明治期帰化植物 壊れやすいものを欧米から輸入するときに品物が壊れないようにクッション材として詰め物にしたため詰め草という名になる
からすのえんどう      Vicia angustifolia  きゅうりぐさ 胡瓜草   Trigonotis peduncularis  くりんそう 九輪草 Primura japonica
集落を流れる水路に群生地を作っています
しらん 紫蘭       Bletilla striata えびね 海老根Calanthe discolor ときそう 鴇草     Pogonia japonica
やぶらん 藪蘭 全体 Liriope tawadae おだまき 苧環   Aquilegia flabellata, Columbine いわうちわ 岩団扇Shortia uniflora うちょうらん 羽蝶蘭    Orchis graminifolia
にほんさくらそう 日本桜草 Primula sieboldii みやこわすれ 都忘れ Gymnaster savatieri
なわしろいちご 苗代苺Rubus parvifolius アスパラ  Asparagus officinalis コンフリー     Symphytum officinale
ラズベリー Rubus idaeus 木苺の一種 もみじいちご 紅葉苺 Rubus palmatus var. coptophyllus     黄色い実が生ります 赤い実が生る熊いちごもあります
のいばら 野茨 Rosa multiflora
野ばら ロサ・カ二ーナ    Rosa Canina, Dog wood
野に白い清楚な野ばらは爽やか 蕾はかすかにピンク
しゃが 射干     Iris japonica  きしょうぶ 黄菖蒲  Iris pseudacorus      水辺や湿地に見られ黄色の花が鮮やかに目立つ
てっせん  鉄線   Clematis patens 野に自生の鉄線
雑木林の湿地に自生して咲いている真っ白の花を見つけました 挿し芽が出来るということを知り庭のヒバの木に絡ませています
こんろんそう  崑崙草  Cardamine leucantha

2010年5月11日 道端に咲いている白い花に目を惹かれ車を止めました 名前の由来は白い花を中国崑崙山の雪に喩えたそうです 崑崙山は仙女が住むという伝説の山 花の名前のロマンにまた感激です  崑崙草関連記事へ

アメリカふうろ 帰化植物   Geranium carolinianum          宇都宮市山本町
すずらん 鈴蘭         Lily of the Valley, Convallaria keiskei ささばぎんらん 笹葉銀蘭Cephalanthera longibracteata まいづるそう 舞鶴草 Maianthemum dilatatum        開花画像は富士山にて6月29日
ハニーサックル Honey suckle, Lonicera sempervirens            花言葉:愛の絆   野生種の忍冬蔓と同種 花言葉も同じ 塀やフェンスに絡ませて春から秋まで次々と花を咲かせます 蔓は木本の分類ですね  じゃのひげ 蛇の髭 Ophiopogon japonicus
那須檜扇あやめ Iris setosa var. nasuensis 野生の檜扇あやめの変種 花色は紫色 葉の幅が広い 花姿が檜扇菖蒲より大型である 発見されてから那須御用邸に移植され植物学者でもあります昭和天皇により那須という地名を付けて那須檜扇菖蒲として品種登録され発表されました 全体写真は保存会が組織され手入れされている圃場です ご厚意により株をいただいて自宅に植えています
あやめ 綾目 Sibelian Iris, Iris sanguinea    風景   左2枚野生  右2枚庭植え
やましゃくやく 山芍薬 Paeonia japonica  分類は草本です  

全国の明るい山に自生する それでも近くにあるとは夢にも思わずいました ところが 2015年5月5日 いつも散策する雑木林に行きましたら白い花が一つ咲いているのを見つけました まさかの山芍薬 驚きと感激 あと数日過ぎていたら花は散っていたでしょう 幸運の女神が微笑みました

きつねあざみ 狐薊 Hemistepta lyrata 以前は野原でよく見かけたこの姿もあまり見られなくなりました 5月12日偶然に県央の市街地に咲いているのを観られました 大きくて花をたくさんつけていました
おきなぐさ 翁草 Pulsatilla cernua 別名 河原のおばさん  4〜5月に黒紅色の花を咲かせ 花後は白い毛がふさふさの状態になる 河原に多く群生していること その白い毛をおばあさんの白髪にみたてて「河原のおばさん」という別名になる NHKテレビ画像をお借りしました
かわらにがな 河原苦菜 Ixeris tamagawaensis  河原のような砂地や礫地に生えるニガナ 絶滅危惧種  NHKテレビ画像をお借りしました
羊歯いろいろ 杉林にたくさん出ています 太さや一株から出る芽の数や 同じ日の撮影でも葉を開く時期など違う 調べても名前は難しくてわからないです                           撮影は2015年4月19日ですがスペースの都合でこの時期に掲載になります
山菜として食べられるゼンマイ
山野草 5月下旬へ
  那須の里山花図鑑