山野草 10月11月12月 晩秋冬
トップページへ           
木枯らしのような冷たい風が吹き始め 冷たい雨にも負けず花たちはいよいよ逞しく咲きます
花言葉・説明は 花語り の記事へどうぞ
あきのきりんそう 秋の麒麟草 Solidago virgaurea 別名 あわだちそう あきのきりんそうのページ

みやまあきのきりんそう 深山秋の麒麟草 Solidago virgaurea 別名 こがねぎく 小金菊 

せんぶり 千振り  Swertia japonica           別名 とうやく 当薬  代表的な薬草です 腹痛や下痢に煎じて呑みます 千回振り出しても苦いことから千振り 清楚な花です 中学生の頃学校の資金にするため全生徒総出で山に当薬採取の行事がありました 山遊びも楽しい思い出です
あかざ 藜 Chenopodium album            葉は写せないですが夏に紅く染まって美しいです 空き地に自生します われもこう 吾亦 Sanguisorba officinalis   野原に背が高く 鮮やかな赤紫が美しい さやさやゆれてアキアカネがいつも止まっています 秋の風景です 
なぎなたこうじゅ 薙刀香ジュ Elsholtzia ciliata  秋の太陽が照りつける野原にひときわ薫るなぎなたこうじゅは独特の強い匂いです 秋の野原を思い起こす好きな香りです 花の形も色も美しい 花の形からナギナタという名前も見事ですね
えぞりんどう 蝦夷竜胆 Gentiana triflora var. japonica  えぞりんどうの花は陽射しが当たると平開する 茎の下の方の葉腋にまで花を付ける 草丈90センチくらいになる  おやまりんどうは花は平開しないで少し開く 草丈50センチまで 茎の上の方に花を付ける りんどうは草丈90cmくらいになる 上の方に花をまとまって咲かせる 近縁種や改良種も総称してりんどうということが多い  

りんどうは那須町の町花 那須町の花き農家で改良され品種登録された園芸種が何種かあります       秋に那須岳にりんどうが咲くと必ず新聞に写真が掲載されます 青空に茶臼岳とりんどうのショットは那須高原に秋を告げる毎年の風物詩です

りんどう 竜胆 Gentiana scabra

田のあぜ道や野の草むらの中に咲いています 

えのきぐさ 榎草 Acalypha australis ちょうじたで 丁子蓼Ludwigia prostrata 十月の紅葉も綺麗です くわくさ 桑草     Fatoua villosa
あぜかやつり 畔蚊帳吊り  C. flavidus Retz. うしくぐ 牛くぐ   Cyperus orthostachyus かやつりぐさ 蚊帳吊り草 Cyperus microiria  たまかやつり      Cyperus difforis L.
こうがいせきしょう 笄石菖 Juncus leschenaultii      笄とはかんざしのこと石菖はサトイモ科の植物 美しくない花の意味もあるよう ぬすびとはぎ 盗人萩 Desmodium podocarpum  この花の名前の由来にも思わずにっこり笑ってしまいました この実の形が盗人の「抜き足 差し足 忍び足」 の形に似ているからとか 名前をつける人の感性とセンスがすばらしい♪
とだしば 戸田芝  Arundinella hirta あぶらがや 油茅 Scirpus wichurae
あぶらすすき 油薄 Eccoilopus cotulifer
こぶなぐさ 小舟草 Arthraxon hispidus    草丈30センチくらい 晩秋には一斉に紫色に染まり一面がムラサキの絨毯のようになります 八丈島の特産織物 黄八丈という紬の特徴の黄色は小鮒草を染料にしています
雄日芝 おひしば Eleusine indica 雌日芝 めひしばDigitaria ciliaris
ささがや 笹萱 Microstegium japonicum       花柄は長と短が対に付く                  みやまささがや Microstegium nudum         花柄は有と無が対に付く あしぼそ 足細 Microstegium vimineum  
このあしぼそ属2種は 山野草5月下旬にもアップ
よもぎ 蓬 Artemisia princeps   草餅の草 お灸の原料にもなる  ひめよもぎ おおよもぎ かわらよもぎ などもある   青葉
たかさぶろう 高三郎 Eclipta prostrata        いぼくさの草紅葉 休耕田一面に見事な草の紅葉  花の写真 セイタカアワダチソウ 背高泡立草 Solidago altissima  明治期にアメリカから観賞用に輸入され野生化 
ひめのがりやす 姫野刈安Calamagrostis hakonensis   とても繊細で優しい穂の野草です 名前もかわいい
のがりやす 野刈安Calamagrostis arundinacea var. brachytricha
がまのほ 蒲の穂 Typha latifolia               古事記 大国主命の話にある因幡の白兎が皮をむかれて丸裸になった時 このがまの穂に包まって傷を癒した あれちうり 荒地瓜Sicyos angulatus  おおおなもみ 大耳巻 Xanthium canadense
空き地の野原に年を追うごとに見事な大繁殖を続けています     向かうところ敵なしでしょう
たうこぎ 田五加木Bidens tripartita 棘のある実がたくさんなって靴下やズボンに付いてちくちく痛い しろのせんだんぐさ 白の栴檀草           Bidens pilosa var. minor
てんにんそう 天人草 leucosceptrum japonicum 若葉 アメリカセンダングサ 栴檀草   Bidens frondosa
ふゆのはなわらび 冬の花蕨Sceptridium ternatum 野ぶどう Ampelopsis brevipedunculata  
メルケンカルカヤ 刈萱Andropogon virginicus
のだけ 野竹 Angelica decursiva   つぼみ 2014年9月13日 林の縁を歩いていて見つけました ししうど属ですが花は白ではなく黒紫色 目立たなくひっそり立っていました 草丈40センチくらい 数年前に見つけてシシウドと思っていた下の写真ものだけでした
たかあざみ 高薊 Cirstium penduium  一本の太い茎に無数の花を付ける
たいあざみ 大薊 (とねあざみ 利根薊) Cirsium nipponicum var. incomptum なんぶあざみ 南部薊 Cirsium nipponnicum
うつむいて咲く 草丈は2メートルぐらいになる
南部薊の変種で棘が長い 海岸の方にはイガアザミが分布する
のはらあざみ 野原薊  Cirsium oligophyllum   棘状の総苞片が特徴 総苞は粘る          初秋から晩秋に本州中部以北の日当たりの良い野原に咲きます 似ている野あざみは春から6月ごろまで咲きます 葉の切れ込みや花は良く似ていて 野原あざみと野あざみの見分けは難しいですが花の咲く時期で見分けるのが基本です  葉はロゼット状になって茎が伸びて花を咲かせます 2014年10月8日 野あざみと野原あざみの違いを認識
にっこうあざみ 日光薊 Cirsium tanakae subsp. nikkoense ノハラアザミの亜種 日光に多く自生するので日光の地名が付いている 2014年 日光小田代が原湿原(ラムサール条約指定湿地)にて
   2014年12月8日から13日までの京都・四国・瀬戸内海沿岸に咲く野草
温暖な地域なので秋の花が冬まで咲いていたり 春の花が冬から咲いているのでしょう 花の季節は関東北部とは違いますが咲いていた時期を12月として掲載させていただきます
ハマダイコン 浜大根    Raphanus sativus ハマユウ 高知県海沿い Crinum asiaticum var. japonicum 
ひめつるそば     Persicaria capitata
ムラサキカタバミ  Oxalis corymbosa
左のハマナデシコ Dianthus japonicus 瀬戸内海沿岸にて3月 他は高知県にて12月に写す この場所はノジギクやトベラやタイキン菊やニガナやアゼトウナに目を惹かれむらさきいろのハマナデシコが咲いているのに気付きませんでした 帰ってきて写真を整理していて写っているのに気付きました 
野菊いろいろ ページへ
ベニバナニガナ アゼトウナ タイキン菊 除虫菊 Tanacetum cinerariifolium
コバノタツナミソウ 小葉立浪草Scutellaria indica var. parvifolia        別名ビロードタツナミソウは短い毛がビロードのように生えていることから

香川県丸亀市にて12月に撮影

いぬよもぎ 犬蓬 Artemisia keiskeana

2014年12月 四国丸亀市で初見のこうやぼうきを見つけて写していて偶然にい写していた といううよりも写り込んでいたこの野草 「いぬよもぎ」ということに気付いて驚き♪ 2015年初秋にいぬよもぎの存在を知りどこかで観られることをまっていたのです そのいぬよもぎを写していたことに気付いて 目についた野草は注意して写すことを改めて思い知ったのでした

わたしの花図鑑」    いぬよもぎ へ

ソルゴー Sorgo  牛の飼料として栽培されている 甘汁をとるため栽培されるモロコシの一種
ほそばひめみそはぎ 細葉姫禊萩  Ammannia coccinea  世界中の温帯熱帯の湿地に生えている 日本では水田の雑草として生えている
ひめしろね 姫白根                   Lycopus maackianus 

木の実 草の実 へ

 那須の里山花図鑑