オオバヤナギ 大葉柳  2016年5月11日        トップページ              つれづれ花エントランス        旅のページ               山野草3月4月           木の花早春             木の実                   草の実
雌花 経過追加
樹のファイル 
マルバヤナギ オノエヤナギ コゴメヤナギ
バッコヤナギ シダレヤナギ
タチヤナギ
イヌコリヤナギ カワヤナギ ネコヤナギ
フリソデヤナギ

オオバヤナギ 大葉柳  Toisusu Urbaniana 

北海道、本州中部以北 南樺太 南千島に分布

属名のToisusuは墓用柳材の意味のアイヌ語から 

別名 アカヤナギ 芯材が赤いことから 雌雄異株

他のヤナギに比べ芽吹きも花の時期も遅い 写真のようにエドヒガンが満開の4月9日には花芽も葉芽も開いてない

その後4月29日には葉が出て雄花が垂れていた

雌雄異株で雄花雌花とも長い花序が垂れ下がる 

葉はヤナギの仲間では大きい 楕円形で先が細く尖る 細かい波状の鋸歯 鋸歯の先端は腺になる 

寒冷地に生えるヤナギで、名前のとおり大きな葉と半円形の托葉そして長く垂れ下がる雌花序と雄花序が特徴

この花は黄色い雄しべが少し見えているので雄株 広い河原なので探せば雌株も見つかるかもしれませんので今後の課題

河川の砂礫地に生え河畔林をつくる 幹は直立し樹高は15mになる

いつも何という木だろうと観ていた春先に特に赤い枝の目立つ木 名前が解りうれしい 

5月11日撮影の垂れた雄花と丸い托葉の画像を追加 

5月24日と6月6日11日の雌花画像を追加

6月29日現在も果実のさく果は確認できない

2月初めの冬芽
4月9日 葉芽の芽吹き始め
4月29日の若葉と雄花
5月11日の丸い托葉と垂れた雄花
5月14日 雄花
5月14日 雌花花序    20日果実は未だ熟してない
6月6日 さく果は未だ裂けない
6月11日
6月29日
紅い枝先が目立つ河原の風景
 南方向
2010年3月13日 初めて気づいた頃 
2016年4月9日  河川工事中 2012年4月26日 
2016年5月11日 花の時期
2017年2月 このオオバヤナギの群生地は河川整備のため多くの木が伐採されてしまいました 残念なことですが護岸工事や洪水対策には仕方ないことなのでしょう 残された木が花を咲かせて子孫を残して行ってほしいです
 北方向
2012年3月12日 2016年4月9日 北側 河川工事中 
2016年4月24日 北側 河川工事中 5月14日ほぼ終了  
6月11日 青葉 工事はほぼ終わり
2017年2月 このオオバヤナギの群生地は河川整備のため多くの木が伐採されてしまいました 残念なことですが護岸工事や洪水対策には仕方ないことなのでしょう 残された木が花を咲かせて子孫を残して行ってほしいです
2日後 伐採の範囲は広がっていました
  那須の里山花図鑑