トウゴクミツバツツジ 東国三つ葉躑躅     トップページ              つれづれ花エントランス        旅のページ               山野草3月4月           木の花早春             木の実                   草の実
樹のファイル 
トウゴクミツバツツジ 東国三つ葉躑躅 

Rhododendron Wadanum  ツツジ科ツツジ属  

代表種のミツバツツジは雄蕊が5本 トウゴクミツバツツジは雄蕊が10本 花は枝先に一つ咲き 葉は枝先に3輪生する 芽吹きの葉は外側に巻いて展開するに従い開く 軟毛が多い 葉の縁が紅色に染まるのも美しい

関東地方の山地に多く自生することから東国という呼び名 雄蕊が10本のミツバツツジは各地に自生して その地域の名前で呼ばれている ダイセンミツバツツジ サイゴクミツバツツジ キヨスミミツバツツジ トサノミツバツツジ ナンゴクミツバツツジ ツルギミツバツツジは花色が濃いピンクで花びらは丸み  

コバノミツバツツジは本州中部以南に多く自生 

『私の花図鑑』  コバノミツバツツジ  

標高1000m以上の高山では5月中旬ごろ林の中に咲いている
  那須の里山花図鑑