マルバヤナギ 丸葉柳    2016年6月8日       
トップページ              つれづれ花エントランス        旅のページ               山野草3月4月           木の花早春             木の実                   草の実
8月の葉と冬芽の様子追加 樹のファイル 
タチヤナギ オノエヤナギ コゴメヤナギ
イヌコリヤナギ バッコヤナギ シダレヤナギ
カワヤナギ オオバヤナギ ネコヤナギ
フリソデヤナギ
マルバヤナギ 丸葉柳 Salix chaenomeloides

ヤナギ科ヤナギ属  別名アカメヤナギ

東北地方中部から九州に分布 雌雄異株

湿地に生える 一本立ちの樹形は高さより枝が横に張る

花の時期はヤナギの仲間では最も遅く葉が展開してから開花する 

果実はさく果 綿毛になり種を飛ばす

雄花も雌花もまだ確認できていない 

新葉は赤味があり縁には先端が腺になった小さな鋸歯がある 新葉のふちは巻かない 葉の幅が広い

鋸歯があり腺のある大きな托葉は目立ち特徴的で遅くまで残る

葉柄の葉に近いところの上部に腺がある

4年の若木の3年枝の裸材に隆起条は観られない 成木の小枝で確認することが今後の課題

三年枝の裸材
葉が細い1メートルくらいの幼木
葉が丸いのも見えてきた2メートルくらいの3年目の木(5月の葉の画像の木)
  那須の里山花図鑑