球果いろいろ  2013年 7月12日 トップページ              つれづれ花エントランス        旅のページ               山野草3月4月           木の花早春             木の実                   草の実
樹のファイル 
モミ  シラビソ  イチイ  ヒマラヤスギ    コウヤマキ  スギ    コウヨウザン   ヒノキ   サワラ  メタセコイヤ  

6月25日 樅の木と想っていつも観ていた大きな木にうす紅色の球果がついているのが見えました 

モミの球果は白緑 ウラジロモミの球果は青紫

この木がどのような種類の木か鑑定をお願いしました

木の鑑定サイト『このきなんのき』

球果の写真を見ると、鱗片の間から尖った物がヤヤ上向きに突き出していますね。これは、球果が枝から上向きに着くモミ属の中でも、モミの球果の特徴で、ウラジロモミでは見られません

ぱっと見はウラジロモミ  モミとシラビソ葉はこれより細く長い感じと思っているので

モミとウラジロモミの雑種といわれるミツミネモミは球果は緑色でモミに近いらしい

この木は標高450mに自生(幹径約3m予想樹齢90年〜100年) ウラジロモミの分布は標高1000m前後からであることからウラジロモミの分布地域から外れる

モミとウラジロモミの雑種と言われるミツミネモミという木が埼玉県にあるが木の見分けとなる葉や幹や球果などの画像もなく説明の資料も少なく比較ができない

木に詳しい知識の深い方々のご意見を多くいただきましたが モミなのかウラジロモミなのか雑種なのか特定には至りませんでした 出来るだけ多くのサンプルを採取してこれからの判断の参考になるようにすることをご助言いただきました

謎のモミの木の球果
  モミ・樅の球果
  ハリモミ・針樅の球果  2月末京都府立植物園 
 シマモミ・縞樅の球果  2月末京都府立植物園
  ツガ・栂の球果  2月末京都府立植物園
  ヒマラヤスギの球果と雄花 2月 と12月京都府立植物園
7月 那須塩原市
コウヨウザンの球果  京都府立植物園と瀬戸内海沿岸
  スギ・杉の球果 ヒノキ・檜の球果 サワラ・椹 雄花と前年の球果
コノテカシワ  
  シラビソ・白檜曾の球果  2005年7月22日
からまつ 唐松の球果  2015年6月29日 富士山5合目にて      球果の大きさの参考に手を写り込んだままにしています
  那須の里山花図鑑