クマノミズキ 熊野水木   2016年 2月20日 トップページ              つれづれ花エントランス        旅のページ               山野草3月4月           木の花早春             木の実                   草の実
  ミズキ 水木 のページ 樹のファイル 
クマノミズキ 熊野水木 Cornus macrophylla

ミズキ科ミズキ属 落葉高木 

本州 四国 九州 の温暖なところに生える

ミズキのように冬の小枝は紅くならない ミズキの開花は5月末から6月初めですがクマノミズキの開花はひと月遅れて7月始めごろ咲く

花全体の形は盃型に上向きに伸びる 果実はミズキは8月ごろ熟し クマノミズキは10月末に熟す

クマノミズキの葉は対性に ミズキは互生に付く

関東北部の山間部にはミズキは何処にでも見られますがクマノミズキは珍しい 

もう山にウワミズザクラもミズキもガマズミもヤマボウシも白い花の咲く時期は終わりの頃なのに 山にぽつんと真っ白に花を咲かせている木があるので不思議に思って近づいてこの木がクマノミズキであるとわかったのでした

遂に感激の出会いができました

大きな木には花の盛りと蕾と散ってしまった様子がみられます
7月2日 花の散ったところは果実が膨らんでいます
11月11日
珊瑚のように紅く美しい花柄と藍色の果実が目を惹きます
   那須の里山花図鑑