コクサギ 小臭木   2013年9月15日            トップページ              つれづれ花エントランス        旅のページ               山野草3月4月           木の花早春             木の実                   草の実
樹のファイル 
写真をクリックしますと大きな画像になります
コクサギ 小臭木  Orixa japonica

みかん科 こくさぎ属 一属一種

本州 四国 九州に分布  落葉低木 雌雄異株

花はまるでクサギとは似ていないけれど葉が匂うのでこの名が付いたのでしょうか

葉はみかんに似ているらしい

葉のつき方が特徴的で枝に二枚ずつ並んで付く (たとえば右右 左左 右右 と) それを他の木の葉の付き方を表すのにコクサギ型と表現します

葉が芽吹いて展開すると同時に花が咲く 小さいうすい黄色の花で葉の陰に集まって咲いている

実は葉が落ちた冬に茶色に見えて 何かの木の虫こぶかと思っていました ずっとわからないままの正体がコクサギの実だと教えていただきました

この中に種が入っていて弾けて飛ぶそうです

コクサギの木は近くに多く見られますが実のなる木があまり見られないのは雌木が少ないからなのですね

また一つ身近な木を知ることが出来ました

ここにはこんなに多くの花を咲かせているのに果実を観たことがない 花には4本の雄蕊が目立つ この花は雄花であるとわかる           雌花は雌蕊が良くわかる(雌花の画像は写せ次第に)
この幹は雌木  写真の実の付いている木です 
一度覚えたら忘れない特徴的な幹