トップページ              つれづれ花エントランス        旅のページ               山野草3月4月           木の花早春             木の実                   草の実
 コブシ辛夷 タムシバ シデコブシ四手辛夷 2013年3月23日
2014年12月の冬芽画像追加 樹のファイル 
コブシ 辛夷  Magnolia kobusi

モクレン科 モクレン属 落葉高木 日本原産

別名 田打ち桜 コブシの花が咲く頃を農作業を始める時期の目安にした

沖縄以外の全国に分布する

枝は折れやすい 花の底がピンク色                                      コブシの名は実の形が握りこぶしに似ているから 中国で辛夷はモクレンのこと

4月初めに真っ白な花をたくさん咲かせる 里山や林にぽつぽつと真っ白な塊が目に付きこの時期は「ここにいるよ」自分の存在をアピールしているよう

花が上を向いて咲くと晴れの日が多く 下を向いて咲くと雨の日が多いなど 花の向きで豊作を占う 

コブシには花の元に一枚の葉があるが西日本に多い似ているタムシバは葉はない

コブシの花は花の咲く方向があちらこちら向きですが 似ているハクモクレンは上を向いて咲き花びらも厚くて広い

 『私の花図鑑』 タムシバ のページ 下欄にて雄大なタムシバの風景写真をどうぞ

見事にたくさんの花の冬芽 2014年12月22日の様子
幼木の葉 成木の葉 表側 葉裏
早春のコブシの幹は林の中でひときわ白く目立つ 6月初めの若葉には細かな毛が密生して肌触りよさそう・・・ コブシの名の由来の握りこぶしのような果実
   西日本の雄大なタムシバの風景 
「私の花図鑑」   タムシバ のページ
シデコブシ 四手辛夷  Magnolia stellata

日本固有種 中部 東海地方に自生 準絶滅危惧種

別名 ヒメコブシ 姫辛夷

シデは四手(神事で玉串、しめ縄に下げるもの)で白い花弁を四手に見立てたところからついた名と言われる

葉が展開する前に直径約8cmの白い花をつける 芳香がある 花は白いものや淡紅色もある 萼と花弁の区別はなく 花被片が9〜18枚ある

モクレンと交雑 コブシと交雑 タムシバと交雑がある

   那須の里山花図鑑