トップページへ    旅のページ集
京都旅 2013年 出会いのご縁
動画  のぞみから見る夕陽  動画 東海道新幹線から観る富士山
動画 新幹線から観る伊吹山 動画 新幹線からの夕陽と富士山の夕景
 2013年2月26日から 3月2日まで 今回で5回目の京都一人旅に参りました

なんだか 一年に一度くらいの間隔で京都に行きたくなるのです 5日間予定をクリアして 仕事も忙しくない時期の冬の時期限定なのでどうしても12月から3月の初めに日程を選びます

そう計画して実行しようと決めたのは2月初め 京都駅前の新・都ホテルにいつものように4連泊滞在で予約しました ホテルを拠点に奈良・滋賀・岡山・広島・兵庫の観光にも行けるからです

2月25日は確定申告指定日なのでそれまでに収支計算・棚卸し・減価償却の計算を済ませないとそして3月5日からやんごとない用事のオンパレード 行くなら2月26日から3月4日までの限定期間に5日間

一年一度の大仕事確定申告を無事に済ませた労いと一年間働いたご褒美 これからまた忙しさに向かう覚悟の夢と希望の旅でしょう・・・ なんてね 大義名分を(笑)♪

桜も咲かない寂しい時期の京都に何故今頃?と人は言いますけれど静かな京都 冬をすごして 春を待つ京都の風情も好きなんです  実際は静かではないです 卒業旅行の学生さんグループやカップル 女子会 ご夫婦 外国の方々が多くてさすが日本の誇る観光地京都 とてもにぎやかです

夢を描いて 計画して それを実行したいと思い 実現できるには 奇跡のような幸運に恵まれないと夢は現実になりません

まず 夫の了解 次に娘の承諾 娘には家事をお願いするので娘のOKが第一かな そして アクシデントが起こらない事 老いた母 幼い孫 地域の行事 親戚の不幸 所属の会の予定 それらの都合をすべてクリアして旅立ちを待つ日々 前日 当日 何事も起こりませんように・・・と祈ります 

夫に駅まで送ってもらい 「気をつけて行ってこい」と笑顔の見送りがお餞別 東北新幹線の座席に座れた時のうれしさ ほっとする安堵感 幸運に感謝 感激に浸りながら車窓を眺めます                                                  東京駅で東海道新幹線に乗り換え 家から4時間弱で京都に着きます

新幹線の座席に座るとき海も眺めたいけれど富士山も見たい 必ず見られるとは限らない富士山ですから進行方向右に座ります 幸運にも満面の微笑みのような美しさ これからの旅の日々を祝福してくれているようにはっきりと見ることができました

のぞみは 東京駅を発車して新横浜駅を出ると名古屋までノンストップ 途中の駅を通過するとき電光掲示板に駅名が流れますので 駅と風景が一致して観られます 名古屋を過ぎて遠くの山並みも春霞にかすんでうすく濃く墨絵のようで素敵な風景です

ひときわ真っ白に見える山は何という山かな・・・? 伊吹山です  山に阻まれトンネルに入ったり本当に撮影できるポイントは一分もないくらいなのに偶然にも綺麗に撮影できたのもご縁でしょう                                                  岐阜羽島駅 関が原駅 米原駅を通過し トンネルを抜けると鴨川の高架橋を渡り京都駅到着です

京都旅では毎回一日目は毎回決まって東寺(教王護国寺)にお参りします 今回は街並みを歩いて往復しました 2002年ごろはホテルの窓から東寺の五重塔や講堂などが見えたのですが 数年前に大型スーパーの建物が建ち 今はもうホテルの窓からは見えなくなりました                                     

そして今回の幸運 写経勧進の期間に巡り会いました 弘法大師 不動明王 大日如来のご朱印をいただいて 写経を・・・

これもご縁  一心に 一字一字  無心で筆を進めました  願い事を書いてお納めします                           五重塔内に永年供養をして下さるそうです願い事 「孫たちの無事な成長」 それに尽きます

一年前に訪ねた時の講堂前のカワズザクラはピンクに膨らみ開きかけていました 同じ木の同じ枝に今年はまだまだ固いつぼみでした 有名な八重シダレザクラの不二桜満開も見たいのですがどうしても桜の時期にはお花見の夢は叶わない因果な身なのです

京都はお寺へのお参り それは本意ですが 今回の旅では京都府立植物園を訪ねることも大きな目標で楽しみにしていました                                                              京都府左京区下鴨半木町 京都駅A2番乗り場205系統の市バスで植物園前下車                            市バス・京都バス共通カード 二日間2,000円を買うと便利です

バス停・植物園前の北大路通り  橋からの鴨川 右側が植物園  遊歩道からの入り口と入園口の案内板

植物園入り口のオブジェ   植物園横の鴨川河川敷

楽しみにしていた植物園一日目 ケヤキ並木を進み正門入り口へ 中央通りを進み右手へ曲がり木々のゾーンへ 晴天に恵まれ何時間も植物園を見て回わりました 初めて知る木 会いたかった木 思いがけない木 見たかった野の花節分草 ミスミソウ 雪割りイチゲ 時間いっぱい観てまわりました けれど未練がましいあかね雲はまだまだ想いが残り 今度いつ来られるかわからないので気のすむまで観たいから・・・次の日3月1日 もう一度植物園を訪ねました 昨日見たところももう一度 観られなかったところも散策  木の姿 花の顔を一つ一つ記憶に記録しました そう・・・写真にも♪                                                                   

植物園散策2日目に幸運の奇跡のような出会いが・・・ありました 

カメラを構えて一心にトサミズキの膨らみかけた花芽を写しているわたしに 「熱心ですね」と声を掛けてくださった方が・・・ 「眼鏡が同じで不思議にそれに気付いて声をかけてしまった・・・」と 少し年上の笑顔が素敵な方
どこにどのような木があるか どのような花がどこに咲くか植物園内は全てご存知だとか 二時間ぐらい案内していただきました  その方に写していただいたトサミズキの木と記念の一枚

     

それから北山通りの食事の美味しいお店で遅い昼食 懐かしい本物の味のハンバーグランチ   食べ始めて・・・ あっ 写真 写真   写す許可を得ました                                                                             同じだと気付いてくれたメガネ   コーヒーは酸味系ですっきり わたし好み

京都が好きで お寺が好きで 家のある県から移住してしまったそう・・・ 植物園にも嵌ってしまいどこにどのような木が植えてあるか把握しているというのも素晴らしい わたしも京都にロングステイしたい夢を語り 浄瑠璃寺や高山寺の共通する話題で盛り上がりました旅はこんな素敵な出会いがあるから夢がある  記念に残る思いがけないうれしい出会いです

訪ねたお寺にはサザンカもツバキも花盛り 園内のバラ園と自然林の境目にも無彩色のこの時期の植物園に紅い花が彩りを添えていました                                                              フウの木 シリブカガシ ハリモミ スダジイ カツラ  ヒマラヤスギ ムクノキ カイズカイブキ 枝垂れエンジュ エノキ アキニレ ホルトノキ カラコギカエデ トウカエデ サンシュ サルスベリ メタセコイヤ タラヨウ ウバメガシ ツガ シマモミ トサミズキ シナマンサク チャンチン ユリノキ  老爺柿  ロニケラ ソシンロウバイ チドリノキ アオモジ 紅梅 ヤマコウバシ カギカズラ 極めつけはカワラハンノキ                     

樹木以外ではクリスマスローズスノードロップも色とりどりにいっぱい咲いて 水仙 チューリップの芽生え 常緑クレマチスもたくさんの花を咲かせ花後の実の白いひげも珍しかったですね  面白いのは自然林のゾーンは2日間観て歩いたのに大温室や春の鉢花展には行く時間が取れませんでした というか そちらに使う時間よりも自然の木や野草を見る時間に使いたかったのが正直なところかな・・・ 

植物園の西側は鴨川の上流 遊歩道が整備され散歩やウォーキングや休憩の人がそれぞれの時間を過ごしていました
京都地検の鶴丸検事やお宮さんが事件を解決してほっとして散策していそうな・・・・・♪ 京都を舞台のドラマのエンディングシーンに多く登場するロケーションですね

わたしも気持ち良い風に吹かれて 夕方の鴨川沿い歩こうと想いました 正門を出て鴨川堤防に珍しい木の実を見つけました 弾けた実がおもしろい あとでトベラと知りました

鴨川の遊歩道を 北大路通り 丸太町 二条 三条 四条へと橋と交差するように歩きます 
川沿いのマユミの木はまだ青い葉のままピンクの実もみずみずしいままでした 桜並木の蕾も固くて・・・ 

静かな夕暮れ  歩いたり 佇んだり 京都鴨川の夕暮れはきっと誰もが人恋しい・・・

楽しいけれど何故かふっと寂しい それも旅情なのでしょう

京都府立植物園でのメガネをきっかけの幸運の出会いがあったことは書きましたが その方が何としても案内したいとモミジゾーンの近く 整備中ゾーンの手前にある花 「ロニケラ・プルプシィ」です 早春に先駆けて咲くけれど 隣にあるソシンロウバイ (もう一枚)にばかり目が行ってこの花に気付く人はほとんどいないらしい 1メートルくらいの高さの株立ちの スイカズラ科の特徴の枝の伸び方 「やさしくて可憐ね」 素直にそう思いました 「案内してよかった」 と その方は微笑んでいました

きっと もう一度植物園を訪ねたらその方のやさしさにまた会えるような気がします                                            

ハナノキの真如堂  

     

そして今回の京都旅の目的の一つ 植栽されているハナノキに会いに真如堂を訪ねました

まだ花の咲いていないことは覚悟でしたが 花芽は膨らんで 紅色に色付いていました 3月末に紅色の小さな花を咲かせるというハナノキは予想通りまだ蕾でしたが満足の対面ができました

ハナノキの分布地は中部地方 長野県 愛知県 岐阜県 滋賀県に限定自生する それ以外には植栽されている木は関東の新宿御苑や小石川植物園では見られるそうです                                                              訪ねた3月2日は京都は雪の舞う冬の気温でした それから一週間 3月二週目は春の陽気を過ぎて初夏の気温と思えるような暖かい日が続いています                                                   

真如堂は 「仏涅槃図」 の公開期間中でした 大きな涅槃図の前に正座をしてしばらく絵解きを・・・                           参拝の方には名物のお菓子が施されます

そして 知恩院の三門の内部が公開されているということでし参りました 三門は急階段 本当に怖いくらい ロープを伝って 足を滑らせないように注意してゆっくり上がりました 3月2日 小雪の舞う寒い日でしたが 高いところに建つ木造最大の門の回廊から観る京都市街は絶景 カメラ動画で360度写したかったのですが撮影禁止で 目の奥にインプットして参りました  三門の内部にはお釈迦様 仏弟子 羅漢像が並び 天井には竜が描かれています  2010年知恩院と東山散策

知恩院は 浄土宗法然上人が開祖のお寺 何度もお参りしています                                        今回は本堂の改修のため 黄金に輝く阿弥陀さまをお参りできず「忘れ傘」も観られませんでした                        幅広のお線香には 「南無阿弥陀仏」 の文字が浮き出すお線香があり買い求めます


京都南駅前は改修されるそうです 駅前には春の三月なのにまだ鮮やかな紅葉を残したままの台湾楓の葉に惹かれました 2010年12月京都駅前で初めて見て初めて名前を知った葉です 想い出深い木です 今度訪ねる頃はこの駅前の八条口のこの風景がどのように変わっているのか楽しみ♪

京都駅八条口の新・都ホテル 毎回ここに4連泊の予約します 今回の部屋は7階 プレミアムフロア シングル 禁煙室・朝食付き  部屋代は高いけれど安心・安全・便利を優先 そしてお気に入りは 夜も朝も新幹線の発着を目の前で観られるのだから満足   2012年の京都駅俯瞰                     

東北新幹線は はやぶさ こまち はやて やまびこ つばさ など 車体の色やデザインがカラフルで見分けがつきますが 東海道新幹線やJR西日本白い車体に青い線なのでのぞみもひかりもこだまも見分けがつかないですね 東京から博多まで座ったまま行けるから便利で素晴らしい

そうそう 忘れていけない 京都といえば八坂神社  梅の開花はこのくらい
2月28日 朱色が午後の陽を受けて一段と鮮やかでした 一年前は修復中で観られませんでした                    ハート型の縁結びの絵馬を奉納  どうかご利益がありますように・・・ と願掛け♪

最終日 三時過ぎの新幹線に乗る前に駅ビルで食べたあんかけうどん とっても美味しかったです

京都の想い出 東寺の写経勧進 京都府立植物園二日間 鴨川の散策と夕陽  人との出会い ハナノキ あれもこれも 語り尽くせない   また きっと 行きたい  けれど 次が叶うかどうかはわからないから 今回の想い出を胸に刻んで 無事な旅が出来たことに感謝です

帰りの新幹線から暮れ行く風景を眺めていました

福岡県では13日に桜の開花も始まったそうな・・・ いつもなら春の心は桜に惑わされるけれど 今年の春はハナノキの花が咲いただろうか・・・ もう一度花を見たい・・・ と心が騒ぎます

やっと心の整理が付いて今回の京都旅の想い出を冷静に振り返れるようになった今日は あれからもう半月も過ぎてしまいます  あの少し膨らんでいた桜の蕾は今はもうほころび始めたでしょうか ハナノキの蕾も深紅の花を咲かせたでしょうか 幸運に出会えたあの方は今日も植物園を散策して新しい花の開花を見ているでしょうか 不思議なご縁が繋がって再会の奇跡はあるでしょうか

想いを残してあれこれ思い遣っても仕方ないのに それでも想うのはそれも幸せなこと

 

今回の京都旅のページは一話完結です 読んでいただきましてありがとうございます

2007年京都一人旅 

京都一人旅日記 2010 1日目   京都一人旅日記 2010 2日目       京都一人旅日記 2010 3日目              京都一人旅日記 2010 4日目          京都一人旅日記 2010 5日目 

2012年東寺の桜       2012年京都駅俯瞰      2012年京都残像風景1  2012年京都残像風景2