カワラハンノキ 河原榛の木 2013年3月12日 トップページ              つれづれ花エントランス        旅のページ               山野草3月4月           木の花早春             木の実                   草の実
2014年12月の画像追加 樹のファイル 
ハンノキ                  ヤシャブシ      ヤマハンノキ   サクラバハンノキ 
カワラハンノキ 河原榛の木 Prunus verecunda

カバノキ科ハンノキ属  落葉中高木  

本州の東海 近畿以西 四国 九州  日本固有種

名前の通り河原や谷沿い 水辺に自生する

カバノキ科の中でもハンノキと共に開花は早春2〜3月で早い

葉は単葉で互生 広い卵型(鋸歯は目立たない丸い形)

2013年3月1日京都府立植物園を訪ねてこの木を初めて知り紅色の小さな雌花に心を奪われてしまいました どうしてももう一度会いたくて二日続けて植物園を訪ねました 

紅色の雌花の魅力的なのと下垂する雄花の姿が優しい感じでなんとも美しい

写真の羅列ですがどうぞご覧ください

たくさん丸く見えるのは前年の果実
2014年12月 まだ葉も付いて 春の雄花と雌花も観られます
葉裏
古い果実と新しい雄花雌花 新旧が同時に観られます