トップページ              つれづれ花エントランス        旅のページ               山野草3月4月           木の花早春             木の実                   草の実
  カジカエデ  梶楓   2012年6月
2013年5月12日 紅色の花の写真追加
樹のファイル 

カエデ 楓   ムクロジ科カエデ科)カエデ属   カエデ・モミジは葉は対生

盆栽の区別に従い モミジのページ は別にしました

カエデを種類別に分けました                                          イタヤカエデ オニイタヤカエデ カジカエデ クロビイタヤ(自生地域が限られています)     ウリカエデ ウリハダカエデ トウカエデ サトウカエデ ヒトツバカエデ ミツデカエデ                    ハナノキ(自生地域が限られています) 

カジカエデ 梶楓  Acer diabolicum  

別名 オオモミジ

宮城県以西〜九州北部に分布

カエデの中では最も大きな葉

2012年5月半ばに大きな木に真っ紅な花がたくさん咲いているのを見つけて何の木だろうと思いました

カジカエデではないかと候補を挙げていただきその後葉の展開する時期まで待って 葉が青葉になりカジカエデと確認していただきました 

その後気をつけてみていると身近にカジカエデの若木を見つけました        

2013年5月12日 那須の茶臼岳にダケカンバを観に行きました 途中の中腹に紅色の花をたくさん付けている木に目が惹きつけられました すぐに近くの駐車スペースに車を止めて近づくとカジカエデの花でした 前年は大きな木で近くから見る事もできず カメラにも鮮明に捉えることが出来なくて心残りの花でした 今回はしっかり観ることが出来て感激です
2箇所目 少し標高の高い場所 葉も芽吹いたばかり 花も咲き始め
3か所目 那須岳中腹の展望台から裾野のパノラマの中 ここの花芽は開き始めたばかり
5月5日新葉の芽吹き  2012年に確認した身近に生えているこの木は若木のためか紅色の花は今年も見られませんでした
若木の根元から出た枝 葉裏のアップです 毛は主葉脈に少し確認
2012年 初見のカジカエデ この真っ紅な花の咲いている木 カジカエデではないかと教えていただき青葉になるのを待って葉を確認して カジカエデと確証を得ることができました 幹が何本にも分かれている大きな木です