イヌコリヤナギ 犬行李柳  2016年6月8日       
トップページ              つれづれ花エントランス        旅のページ               山野草3月4月           木の花早春             木の実                   草の実
8月の葉と冬芽の様子追加 樹のファイル 
マルバヤナギ オノエヤナギ コゴメヤナギ
タチヤナギ バッコヤナギ シダレヤナギ
カワヤナギ オオバヤナギ ネコヤナギ
フリソデヤナギ
イヌコリヤナギ 犬行李柳 Salix integra

ヤナギ科ヤナギ属  日本全国に分布 雌雄異株

川岸や湿地に多いが乾燥したところにも生える

花芽は対性か三輪性に付くことが多い 葉の展開前に開花 

雄花序は長さ2〜3cm 雄しべは2個 花糸は合着して1個 葯は紫紅色 雌花序は長さ1.5〜2.5cm 子房は淡緑色 柱頭は黄緑色〜紅色 雄花の苞の上部は黒色 中部は淡紅色 下部は淡緑色 雌花の苞の上部は黒褐色 中部は紅色 下部は淡緑色 

果実はさく果 熟すと割れて綿毛になり種を飛ばす

新葉の縁は巻かない 新葉は赤味がある 縁に浅い細かい鋸歯

葉は丸みのある楕円形 葉は表裏とも無毛 葉柄はほとんどないように見える 枝を抱く感じに見える 

柳行李という昔の物入れで 衣類や書籍や小物など入れた蓋のある箱型の物 ヤナギを編んで作るが 柳行季の材となるコリヤナギに似ているが役に立たないと言うのでイヌがついた

紅くて美しい雄花
雌花とさく果
8月の葉と冬芽の様子
5月のなめらかでやわらかなひらひらした葉のイメージと違い固く小さめの葉になっていた
  那須の里山花図鑑