広島 岡山の旅                     安芸の宮島 尾道 しまなみ海道 倉敷 京都 
トップページへ       旅のページへ       つれづれ花エントランス
ダリアの花盛り 夏の暑さを好んで花を咲かせると思っていました が 夏は元気をなくしていて 秋になって気温が下がってくると蕾もたくさん 葉も元気になって 今の時期こんなに見事に咲いています 暗くなってから写して来ました とても濃いピンクなのですがそのままの色が出ませんでした 那須はもうすぐ初霜も降りる時期 霜に弱いので一朝でこの花が終わると思うととても残念 

花の命は短くて 苦しきことのみ 多かりき    林芙美子

ふっとこの言葉を思い出しました 数年前 娘と広島県尾道市を訪ねました その時林芙美子さんの銅像の前で写真を写したのを思い出します

林芙美子さんから娘と広島尾道の旅を思い出しました お付き合いくださいね 

前年 2003年7月 膝の手術を受けました 半年経って母を気遣い 娘が旅の計画を立ててくれました 不安なわたしに付き添いをするために4日間休暇をとって想い出の一緒の旅でした 手術後のため杖をついています
一日目
東北新幹線那須塩原駅→東京駅→東海道新幹線→山陽新幹線広島駅着→在来線で宮島口→フェリー→安芸の宮島 厳島神社参拝 散策 広島泊
憧れの朱塗りの神殿 板張りの回廊は想像通りのすばらしさ 海に浮かぶ能舞台も 鳥居も本物を観ることができて感激でした
フェリーを降りて社殿に向かう道沿いにはお土産店や休憩食事のお店が並びます 参拝の前に一休み 広島は牡蠣の本場 大きな殻つき焼き牡蠣を食べました 熱々焼きたて牡蠣にレモンを絞り美味しかった! 

社殿に続く道沿いには鹿さんが休憩中 こんなに間近で見られます

二日目
  山陽新幹線広島駅→新尾道駅→バスで尾道駅へ→船で生口島瀬戸田港→ 生口島内散策 国宝のお寺向上寺 西の日光耕三寺 平山郁夫美術館 →尾道市内散策→新尾道駅→ 岡山倉敷駅 倉敷泊
尾道市街 アーケード入り口近くの林芙美子像 放浪記の一節 海が見える・・・           海を見て育ってふるさとを離れ久しぶりに見る懐かしい風景 わたしなら 那須連山が見えた時そう想うでしょうね  足が疲れて ちょっと腰を下ろさせていただきました ごめんなさい

向上寺は島から海を眺める山の上 国宝三重の塔は現存していますが本堂は火災で消失していました 船を下りた瀬戸田港からお寺まで街並みを見ながら住宅街の坂道を歩きました が 手術したばかりの膝には ちょっと無理な坂道でした みかん畑の隣の島が海の向こうに見えました 橋で繋がっているような・・・ 向上寺の裏手に回り住宅街を歩いて平山郁夫美術館へ 美術館内には子供の頃から絵の才能を発揮していたことを証明するように幼い頃から子供時代のふるさとの瀬戸田港や人物の絵が保存され展示されていました 仏教をテーマにした西域の絵も多く展示されていました                    

道路を挟んで西の日光と言われる耕三寺があります 色彩が華やかでした             

島の人が暮らす街には蛸の干物と柑橘類が目を引きました ダンボールに入ったレモンやみかんが安く家の軒先に並べられていました とても安いので一箱買い求めて宅配便で家に送ればよかったなと気付いた時は船の上・・・  もう一度あの島の坂道の港街の雰囲気を感じながらもっと楽しみながら歩いてみたい そのことがずっと心残りでした 今も・・・・・です

瀬戸内海の島々を船で巡るのは今回の旅の一番の楽しみでした 島から島へ橋でつながり車やバスで四国まで行けるしまなみ海道が人気の観光コースです  でも今回は 夢に描く曲 ♪瀬戸の花嫁 を体感したくて生活感のある船に乗りました 普段 交通の手段として日常舟を利用している方たちと一緒に乗ってその土地の風土を感じることができたように思いました 舟で島から島へと渡っていきました                                  

瀬戸内海は水軍の活躍の舞台 古代大和政権の時代から平安時代には平家と源氏のの合戦の舞台で重要な役割を果たした水軍 ドラマや映画で描かれる水軍が活躍した時代 古戦場の面影は今はもうないのですがその頃に思いを馳せて見ました

三日目

倉敷の街並み散策  午前中は娘と別行動に決めて 自由に動きました                      娘はチボリ公園に行ったようです 花が咲き乱れる遊園地ですね

わたしは大原美術館で絵画の鑑賞しました それと和風のお店や古い蔵屋敷や骨董店に入りました うちにある猫の置物のお店もあり同じ猫を見てうれしくなりました

長女のおみやげにモネの睡蓮のプリントされた傘を買いました 持ち歩けないので宅配で送ることをお願いしましたが形が細長くて規格外で難アリということでとても手間取った想い出があります                      昼食を一緒に食べるお店を決めてありましたのでそこで落ち合いおそば定食を食べて午後は倉敷駅前のデパートでショッピング 3時ごろの新幹線で京都へ →京都泊 

四日目

京都 東寺弘法市(毎月21日開催ですが今回2月1日も行われていました)

東寺の広い境内にたくさんの古着や骨董や仏具 民芸品 古美術品などの露店が立ち並んでいました ちょっとの時間見て周り清水寺で娘と落ち合う約束でしたが まだまだ時間が足りないくらい楽しくて昼過ぎまでそこから離れられませんでした 

娘は循環バスで東山方面を散策に行きました 娘は初めての京都一人散策に出だしは不安ながらも 駅で待ち合わせて合流した時は満足のようでした お土産をショッピング

夕方 東海道新幹線に乗り→東北新幹線で帰宅  家には駅弁を買い求めて夕食は各地の名物お弁当でした 駅弁お土産も楽しいです