ガマズミ   2012年6月 トップページ              つれづれ花エントランス        旅のページ               山野草3月4月           木の花早春             木の実                   草の実
樹のファイル 
ムシカリ のページへ        ヤブデマリ のページへ
ガマズミ 鎌酸実  Viburnum dilatatum  

別名 ようぞめ よつどみ スイカズラ科 ガマズミ属

分布地 本州 四国 九州

ガマズミ花の時期は小葉のガマズミより遅い 葉は丸く下ぶくれで先がとがり葉柄が2センチくらいある 葉の裏表に毛がある 葉柄は毛が密生 白い小さな花をまとまって咲かせ花数が多い 晩秋に赤い実は目を惹く 

深山ガマズミ 花は小葉のガマズミと同時期 葉はガマズミより細く葉先が長く葉柄がある 葉や茎は無毛 少し有毛 主脈に長い毛がある 実は上向きに付く

小葉のガマズミは葉がガマズミより小さく対性につき葉柄がない 柔らかい毛が葉の裏表に密生する 実はガマズミより大きく垂れ下がる 

名前の由来は折れにくく鎌の柄に利用され 酸っぱい実がなることから 

『私の花図鑑』  ガマズミのページへどうぞ

秋に真っ赤な実が木にたくさん実っているときれい  実はとても酸っぱいけれど霜に当たって完熟の実は美味しい 懐かしい味です   

果実種用の焼酎に氷砂糖と共に漬けると真っ赤な美しい果実酒が出来る 氷に注ぐと濃度の違いも不思議な美しさで眼でも楽しめ味わっても楽しめる果実です

未熟な夏の果実 晩秋になり霜が降りてこのようにしなびた果実が美味しい
ふっくら大きな丸みのある葉と花の集まりはガマズミの特徴
開花前のガマズミ          深山ガマズミ かな?
たくさん実の付いたガマズミ
5月の芽吹き
蕾から開花まで追ってみました 2012年4月〜5月
  那須の里山花図鑑