フサザクラ 総桜  2012年4月 トップページへ          京都駅俯瞰     京都残像風景1   京都残像風景2  東寺の桜を尋ねて
2013年5月 花後と若葉の写真追加 樹のファイル へ
フサザクラ 房桜 総桜  Euptelea polyandra

別名タニグワ 谷桑

「さくら」と名前が付いていますが「さくら」の仲間ではないのです                                       世界に一属三種 日本には一属一種 フサザクラ科フサザクラ属が分布するのみ               

原始的な植物のひとつ 本州宮城県・秋田県から九州中北部まで

渓流や谷合いに郡落するように近くに生育が確認されます                            あまり知られていないですが知る人ぞ知る美しい鮮やかな木の花です                                               葉も美しい形 若葉は夏になっても赤みを帯びてみずみずしい

2007年4月6日 染井吉野も咲かない早春にこの真っ紅な花を初めて見つけたときは感激でした 一目惚れの大好きな木の花です

2007年4月7日 初見の時
2010年4月5日 2009年4月6日 
2010年3月29日 渓流と紅い蕾 2010年3月31日 フサザクラの蕾  
2011年 4月12日
2012年 4月8日 渓流と紅くなり始めた蕾
2014年4月2日 今年も見事な開花
花後の様子
4月21日
3月末 冬芽 2月1日
6月11日 果実と青葉
フサザクラの枝先の葉は初夏でも若葉はこんなに赤い 
いつも写している渓流のフサザクラの青葉
いつも通るところに 川の縁に 谷あいに
  那須の里山花図鑑