フリソデヤナギ 振袖柳 2017年3月18日        トップページ              つれづれ花エントランス        旅のページ               山野草3月4月           木の花早春             木の実                   草の実
樹のファイル 
マルバヤナギ バッコヤナギ コゴメヤナギ
イヌコリヤナギ オオバヤナギ シダレヤナギ
カワヤナギ オノエヤナギ ネコヤナギ
タチヤナギ
フリソデヤナギ 振袖柳 Salix leucopithecia

別名 アカメヤナギ 赤芽柳 冬芽が紅色

マルバヤナギの別名もアカメヤナギという

ネコヤナギSalix gracilistyla と バッコヤナギSalix bakko   の交配種

花序は4センチくらいあり大きい

花序の雄蕊は2本に別れる 別れ方は下がくっついたV字型 途中までくっついて途中から別れるY型 先の方だけ別れるものなど混在する

ネコヤナギは2本の雄蕊はくっついて一本に見える

バッコヤナギの雄蕊は元から2本に分かれている

 

フリソデヤナギの雄蕊の様子 2本の雄蕊はV字で別れているのがほとんどと言える 取り出す時傷つきやすく左の写真の数を取り出して 写真右 Y字らしきものは3本であった うち1本はよくわからない
葉は後に追加いたします
  那須の里山花図鑑