ブナ ブナの葉   2012年11月6日 トップページへ       樹のファイル
ブナ Fagus crenata

ブナ科 コナラ属 落葉高木 沖縄以外の全国に自生

標高800〜1000メートル位の高地に群生する

青森県の白神山地の原生林は世界遺産として有名 

葉脈ははっきりして美しい葉 7本から10本の葉脈は波打つような葉の縁のへこんだところに出る

新芽を包んでいた芽鱗は青葉になる夏頃まで付いている

実の殻ははじけるとなかなかの形をしている 実は生でも食べられクリに似ているらしい

柔らかな毛に覆われた芽吹き
秋に芽吹いた若葉 黄葉の葉と冬芽
冬芽 ブナとイヌブナの見分け方
ブナは葉脈が7〜10本 芽吹きから若葉のときは葉の裏表に毛が多いがだんだんと毛が無くなる        イヌブナは葉脈は11本以上 青葉や枯葉になっても毛がある
庭に植栽のブナ 枝を詰められている          年数は50年ぐらい経っているが樹高は80センチぐらいで盆栽のよう
四国石鎚山系のブナの大木                高知県Kさまよりいただき画像

あまりに大きく枝を広げているのでカメラアングルに入りきれなかったそうです

日光植物園に植栽のブナ