あざみいろいろ  2016年12月18日
山野草ファイル トップページへ        山野草 早春へ      つれづれ花エントランス 
あざみの歌
作詞:横井弘 作曲:八洲秀章

1 山には山の愁いあり
  海には海のかなしみや
  ましてこころの花園に
  咲きしあざみの花ならば

2 高嶺(たかね)の百合のそれよりも
  秘めたる夢をひとすじに
  くれない燃ゆるその姿
  あざみに深きわが想い

3 いとしき花よ 汝(な)はあざみ
  こころの花よ 汝はあざみ
  さだめの径(みち)は果てなくも
  香れよ せめてわが胸に
  あああー

野原にあって愛らしいあざみの花 棘があるのに蝶や蜂や人にもみんなに好かれてなぜか懐かしいあざみ うさぎの好物だったような・・・遠い記憶

種類もいろいろ 南に北に山に海岸に咲くあざみ

アザミの歌 まして心の花園に 咲きしあざみの花ならば・・・ とあります あざみ咲く心の花園・・・ 心に咲くあざみへの憂い

誰の心にも憂いに満ちた一輪の花は咲いている

きつねあざみせんだいとうひれんは属が違いますが花が似ているので一覧に加えました

あざみの花言葉: 独立 報復 厳格 触れないで

のあざみ 野薊  Plumed thistele, Cirsium japonicum

本州 四国 九州に分布  春から咲いている 葉の画像は西日本の庭園にて撮影

のはらあざみ 野原薊  Cirsium oligophyllum   棘状の総苞片が特徴 

総苞は粘る 初秋から晩秋に本州中部以北の日当たりの良い野原に咲きます 似ている野あざみは春から6月ごろまで咲きます 葉の切れ込みや花は良く似ていて 野原あざみと野あざみの見分けは難しいですが花の咲く時期と総苞の棘の長さで見分けるのが基本です

にっこうあざみ 日光薊 Cirsium tanakae subsp. nikkoense 

ノハラアザミの亜種 日光に多く自生するので日光の地名が付いている 日光小田代が原湿原にて撮影

なんぶあざみ 南部薊 Cirsium nipponnicum

うつむいて咲く 枝別れで花が多く 草丈は2メートルぐらいになる

たいあざみ 大薊 (とねあざみ 利根薊) Cirsium nipponicum var. incomptum

ナンブアザミの変種で棘が長い 海岸地方にはイガアザミがある

花の咲き始めのころ偶然に写し ぼたんづると写っている 草丈2メートルぐらい

はまあざみ 浜薊  Cirsium maritimum Makino

別名はまごぼう ごぼうのように根が深く張ることから 葉も食用になる

誰が植えたのか海なし県の実家の庭に咲いているはまあざみ 旅の土産に買い求めた母が植えて根着いたのでしょう

たかあざみ 高薊 Cirstium penduium  

一本の太い茎に無数の花を付ける 休耕田にたかあざみが群生しています 長い間水田として稲を栽培している時期には稲が実り 草はほとんど生えないように耕作していたのに休耕するとまるで待っていたように生えて驚きです 

このタカアザミの種は何処から飛んできて どのくらい長い年月ここに眠って 芽を出し花の咲く日を夢見ていたのでしょう

土の中で生育環境が整うのを待つ種子を「埋蔵種子」と言い100年も待つ種子もあり 古代ハス(大賀蓮)は2000年も前の種子が発芽した 

きつねあざみ 狐薊 Hemistepta lyrata 

以前は野原でよく見かけたこの姿もあまり見られなくなりました 5月12日偶然に県央の市街地に咲いているのを観られました 大きくて花をたくさんつけていました

せんだいとうひれん 仙台塔飛廉 Saussurea nipponica var. sendaica 中部〜関東〜東北
あさまひごたい 浅間平江帯 Saussurea nipponica subsp . savatiri 中部〜関東地方
葉柄が長く翼がある 山地の林の中 湿ったところ 川の縁 あさまひごたいとせんだいとうひれんは同じとする説もある 葉はハート形 葉柄に翼があり葉の基部まで続いている
所有の山でありながら初めて足を踏み入れたところに、このような初めて見る花に出会えるのは感激 ここにづっとこの花が咲いていたことなど知らなかった 熊やまむしやいのししが出るところなのでもう二度とここで会えることもないと思う花
冬場や雨の少ない時は枯れている川 この川沿いには前年初めて知ったれいじんそうひとりしずかひげねわちがいそういちりんそううすばさいしんほか多くの野草が咲いていることを知ったのでした
 那須の里山花図鑑