アラカシ ウラジロガシ アカガシ  2012年7月 トップページ              つれづれ花エントランス        旅のページ               山野草3月4月           木の花早春             木の実                   草の実
樹のファイル 
コナラ 小楢 へ
アラカシ 粗樫  Quercus glauca 

ブナ科 コナラ属

葉の中央から先に鋸歯が出る

西日本に分布が多い 東日本はシラカシが多い

生垣や公園に植栽される

左の写真は京都銀閣寺の庭に植栽されていました

ウラジロガシ 裏白樫  Quercus salicina

ブナ科 コナラ属

宮城県・新潟県以西 四国 九州に分布

常緑広葉樹 

葉は波打つのが特徴 葉裏が白い

どんぐりは二年目の秋に熟す

葉を浴用に利用して切り傷・肌荒れ・やけど・にきびに効用がある

こちらではシイ類やカシ類の自生はあまり見られないですが ウラジロガシの自生はところどころに見られます

葉の裏が白い
芽吹いたばかりの若葉は紅くて目を惹きます
アカガシ  赤樫   Quercus acuta  

ブナ科 アカガシ属 常緑高木

別名 オオガシ オオバガシ  宮城県以南

材の色が赤いので付いた名

どんぐりは二年目に熟す

千葉県南房総の鋸山山頂にて 1月中旬の冬芽