あきのきりんそう せいたかあわだちそう  2016年12月25日
山野草ファイル トップページへ        山野草 早春へ      つれづれ花エントランス 
あきのきりんそう 秋の麒麟草 Solidago virgaurea var. asiatica

キク科アキノキリンソウ属 別名 あわだちそう 泡立ち草  

沖縄以外の全国に自生する

葉は互生し細い楕円形 先は尖る 葉は葉柄に翼のように付いている 花は茎に沿って穂状に咲く 中心に筒状花 まわりに舌状花 冠毛のあるそう果になる

山野や田の畔など秋にはお馴染みの野草 明るい黄色い花が美しい

花言葉: 予防 安心 幸せな人 用心 要注意

みやまあきのきりんそう 深山秋の麒麟草 Solidago virgaurea var. leiocarpa 

別名 こがねぎく 黄金菊  高山帯に生える 花が大きい 背丈が低い 茎の頂部にまとまって花を付ける 

冠毛のあるそう果
せいたかあわだちそう 背高泡立草 Solidago altissima 

キク科 アキノキリンソウ属 

明治期にアメリカから観賞用に輸入され野生化  繁殖力が強く秋になると空き地や道路ののり面など一帯に花を咲かせている

あきのきりんそうと同属なだけに花もそう果も良く似ている

花言葉: 元気 生命力 唯我独尊

 那須の里山花図鑑