2016年春旅5 旅の花 鳥  那須の里山花図鑑        つれづれ花エントランス   旅ページ
春旅の楽しみは花を訪ね見知らぬ土地に咲く綺麗な花 野の花と出会うこと 鳥の声を聴いて日常と違う風景の風に吹かれること

期待通りに行く先々で花に出会い鳥に出会いました 春風を感じて歩きました

まず博多といえば博多人形「卑弥呼像」 水引の匠の技 素晴らしい美しさ

  

太宰府の飛び梅 梅園の梅 訪ねた所の庭園の梅 花の色形 咲く時期もいろいろ

  

敬翁桜は浄瑠璃寺に植栽の蕾とホテルに飾られた切り枝の開花 青文字 木瓜

馬酔木 山茱萸 藪椿 

  

ヤシャブシ   メタセコイヤ    しだれ柳の芽吹きと花

   

初めて見た名前のわからない木 植栽の木か自生の木かもわからない

後日ヤマモモ  と  タブノキ と教えていただきました 

しだれ柳 何気なく緑の葉を付けた枝が垂れているくらいの認識しかなかったけれど花を見て猫柳に似ていると気付いてなんだか通りすがりに観るだけではいられない木になりました

街中の沿道に植えられた春の花 歩き疲れた足を癒してくれる可愛らしさについ手を触れて 微笑み返しをしたくなります 君の名は? 名前が解らなくてごめんね♪

  

草苺 草でも木なのです   すずしろそう     姫踊り子草

おおいぬのふぐり 庭園の日向と浄瑠璃寺の空き地にて

ホテルのエントランスとレストランに飾られた花たち

カシラダカ   シロハラ  背黒セキレイの水浴び

  

鴨川のジョウビタキ      (ちょっとおまけ うちのジョウビタキ 

   

庭園の掘割のヒドリカモ  暖かな春の陽射しの一日 悠々と泳いでた

鴨川の コガモの雄雌  ヒドリガモの雄雌 マガモの雄雌  何やら物憂げなヒドリガモ

ゆりかもめ 別名みやこどり  一人たたずむサギの仲間かな?

続く・・・・

   那須の里山花図鑑